旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。


加賀野菜

NEW 3月の「地酒」「ミニ知識」「レシピ」を更新しました。最終更新日:2019/03/01


クリックで拡大します。

 

12月18日、今日『のとてまり』の初競りが執り行われ一箱20万円という最高値が更新されました。プレミアムの規格の最高級品です。

競り落としたのは当社で、買ってくださったのは『ドミニク・ブシェ』さんです。フランス料理のお店ですが初競りの最高値を付けた『のとてまり』を去年も買ってくださったフランス料理の名店です。

写真がへたくそなのであまり感動が伝わりにくいと思いますが、ぜひほかの媒体で確 認してください。

今年も『のとてまり』の季節になりました。素晴らしい食材に恵まれたこの金沢の地に暮らす幸せを感じます。


出始めでお値段もかなり高いと思いますが、年が変わりお正月気分がフェードアウトするころには少しお手頃価格になっていくと思います。

『のとてまり』は無理でも『のと115』ならお手頃です。金沢の郷土料理『治部煮』に使っていただければいい仕事いたしますよ。お試しあれ。


今月の食卓/毎月、加賀野菜を使った料理とそれに合う地酒をご紹介いたします。四季を生かした手作り郷土料理を作ってみませんか?

3月は…「菜花と牛肉のオイスターソース炒め」と[手取川]大吟醸 - 平成の栞(しおり) -

菜花と牛肉のオイスターソース炒め

「菜花と牛肉のオイスターソース炒め」レシピ 2人分(1人分 285kcal)
菜花 1束 牛薄切り肉 100g 玉ねぎ 1/2個
フルーツトマト(中)1個 モッツァレラチーズ 50g 空豆 6粒
エディブルフラワー 適量 サラダ油 大さじ1/2 オイスターソース 大さじ1強
お好みで温泉卵 2個 七味 適宜  
  1. 菜花は軸の先が変色していれば切り落とし、半分に切っておく。
  2. 玉ねぎは5mm幅ほどに切り分ける。
  3. 空豆は沸騰した湯で2~3分茹でる。豆の皮は食べたほうが良いが気になるようなら廃棄する。
  4. トマトはヘタを取って洗い、4等分しておく。
  5. モッツァレラチーズは一口大に切る。
  6. 牛肉を一口大に切り、油を引いたフライパンでとろ火で火を通す。8割がた火を通す。
  7. 6のフライパンに2の玉ねぎを加え中火で炒め合わせる。玉ねぎに油が回り少し透明感が出てきたところで1の菜花を加える。
  8. 菜花に火が通るまで中火で炒め合わせオイスターソースで味付けする。
  9. 付け合わせのサラダとして3、4、5を混ぜ合わせ皿に盛り付ける。
  10. 皿に8も盛り付け彩りにエディブルフラワーを飾る。
  11. 季節の日本酒と供に頂く。

お好みで七味を振り、温泉卵をのせて食べても良い。

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はコレ↓。もちろん購入もできます!

「菜の花」はいち早く春を告げてくれるであり、
栄養たっぷりの野菜であり、油を採るための作物でもあります

菜の花

「菜の花」は本来「あぶらな油菜」の花のみを指すものであり、「なたねあぶら菜種油」を採るために栽培された作物です。

ですが、明治時代に入り西洋種の「菜種」が入ってくるとその座を追われ、食用の野菜として出回るようになりました。

現在食品成分表では「なばな類」として「和種なばな」と「洋種なばな」が併記されています。つまり「洋種なばな」も野菜として食べられているということです。同じアブラナ科の花ならば「菜の花」であり、切花・野菜・菜種油用作物と、三つの用途が渾然としているといったところでしょうか。

野菜としての菜の花は、特有の苦味・歯ざわり・香り・姿を楽しむばかりではなく、カルシウム・鉄分・ビタミンC・カロチンなどが驚くほど多く、その他のビタミン・ミネラル類も豊富な優れた緑黄色野菜です。

また、植物の中で一番栄養があるといわれている花の部分を食べることにより、効率的に栄養を取り入れることができます。

菜の花の豆知識

効用

ガン・貧血・ストレス・便秘・風邪・肌荒れ・動脈硬化・老化・視力の低下・疲労回復に効果が期待できます。

おいしく食べるには

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

酒

[手取川]大吟醸 - 平成の栞(しおり) -

酒

数量限定品(1.8L/1000本 720ML/2500本)

平成最後を記念して「平成の栞(しおり)」を限定発売します。長年に渡って手取川を支持して頂いた皆様に平成30年間の、「手取川の軌跡」を体感して頂きます。今回は「これぞ伝統ある手取川を代表する味わい」という酒質に仕上がっています。

いただいた資料には↑上記の通り書かれています

2020年、社長就任予定の吉田泰之杜氏が15名の若いスタッフと真心こめて醸した一本!
ワイングラスで青リンゴのような爽やかな香りを味わいながら、新年度をお祝いして頂きたいと存じます。

原料米 精米歩合 アルコール度
麹米/兵庫県産 山田錦:45%
掛米/石川県産 五百万石:45%
16度

石川県白山市安吉町41 <(株)吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,836円(8%税込み価格)  個数
(1.8リットル詰)3,672円(8%税込み価格)  個数
地酒(酒の失敗談) 柿市こぼれ話 かきいちのごはん日記 まかない婦のお勝手ブログ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
クックパッドかきいちブランドページ

ページの先頭へ戻る