旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。


加賀野菜

12月の「地酒」「ミニ知識」「レシピ」を更新しました。最終更新日:2016/12/01

NEW お歳暮ギフトのページを公開しました。「ギフト」よりお入りください。


まつたけ
クリックで拡大します。

 

まつたけ
クリックで拡大します。

     

10月20日、今日当社の社長が仕入れてきた能登松茸です。見事でしょう?

能登松茸は今が最盛期。値段も高くないと社長は言っています。

今年は松茸の値段が高く、収量もいまいち状態が続いていたように思いますがここへきて能登松茸がバーンと出ましたよ。

この写真の箱の中身はどれも1kgずつ入っています。写真にとる間も高貴な香りが漂って いました。

買うなら今でしょ!!


今月の食卓/毎月、加賀野菜を使った料理とそれに合う地酒をご紹介いたします。四季を生かした手作り郷土料理を作ってみませんか?

12月は…「源助大根の金沢おでん風」と[手取川]純米にごり酒『白 寿』

源助大根の金沢おでん風

「源助大根の金沢おでん風」レシピ 2人分
源助大根 厚さ5cmの輪切り(およそ300g程度) 車麩 1個 梅貝 2個
カニ面(香箱カニの内子、外子、むいた身を甲羅に詰めたもの)2個 甘海老 4尾 酒 大さじ2
醤油 大さじ2 砂糖 大さじ1 かつおだし 小さじ1
  1. 車麩はお湯につけて戻す。浮き上がるので皿などの重しをするとよい。30分から1時間程度。戻ったら半分に切っておく。
  2. 大根は皮をむき2つに切って下茹でする。この湯を捨て、鍋と大根を水洗いしてもう一度戻し大根が浸るほどの水を張り15分ほど加熱する。
  3. 梅貝はそのまま入れるので殻やふたなどをたわしできれいに洗っておく。甘海老は目玉より前をハサミで切り落とす。
  4. もう一度2の鍋に大根が浸るまで水を張り、調味料を加え加熱して梅貝、カニ面、甘エビを加え火を通す。甘海老とカニ面は取り出しておく。
  5. 鍋に車麩を加え煮汁が半分ほどになるまでとろ火で煮詰める。
  6. 煮汁の味を見て加減し、甘海老、カニ面を再投入して温め取り分けていただく。

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はコレ↓。もちろん購入もできます!

冬の「加賀野菜」「源助だいこん」(げんすけだいこん)はとろけるうまさ

源助大根 源助大根

「源助だいこん」は昭和10年代に金沢の打木地区で、練馬系の打木在来種の太さと柔らかさ、宮重系の源助総太の甘さを生かして自然交配を行い、作りだされた「加賀野菜」です。

直径8~10cm、長さが30cmほどのコロンとした形で、甘みが強く、ふろふきやおでんなどにするととろけるようにおいしいと言われ、関西方面でも人気があります。

近年大根といえば青首大根一辺倒で、それはそれでおいしいのですが、せっかく地元においしい地野菜があるのですから、もっと各家庭で使ってほしいものです。

価格も決して高くありませんし、一年中手に入る青首大根とは違い、旬の時期の短い本来の地野菜です。見かけたらぜひ「こうてみまっし」。

金沢弁でご紹介

源助だいこんの豆知識

おいしい薬効

レシピのご紹介

ご購入はこちらから

酒

[手取川]純米にごり酒『白 寿』

次々と出てくる新酒の中で、トップにご紹介するお酒は何がいいか悩みました。
今月は、お酒に料理の方を合わせるのではなく、料理が決まった上でお酒の方を考えました。

酒

入荷本数がかなりタイトですが、手取川さんの『白 寿』を選ばせていただきます。
だからUPされた頃は完売しているかも・・・・ごめんなさい

まずはどうしても飲んでみなければいけないことになってます(笑)

酒

スクリューキャップをひねるといきなり底からブワーッと吹き上がってきました。
活性強しです!シュワシュワでキリッとしててかなり辛口の爽やかタイプです。

活性が強くて元気の良いのは◎ですが、欲深い私にとってあとほんのちょっとだけ甘みが欲しいように思いました。まあ、それは人それぞれです。
旬のお料理と一緒にもいいけど、乾杯にピッタリかな~との感想です。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度
麹米/石川県産 石川門
掛米/石川県産 五百万石
麹米/50%
掛米/65%
-2 1.9 1.1

石川県白山市安吉町41 <株式会社吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,350円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,700円(8%税込み価格) 個数

きのこの王様「まつたけ」この香りがたまりません!

まつたけ

香り高く歯切れの良い「まつたけ」は、キシメジ科の野生きのこ。主に赤松などの松林に発生しますが,環境条件が微妙でまだ栽培はされていません。

まつたけ

近年国産のものが減少し、反面手ごろな価格で手に入る輸入物が増えました。庶民にはまつたけが少し近くなったかな?という感じですが、鮮度が命のきのこ類ですから味・香り・値段とも国産品が一枚も二枚も上手なのはしかたのないことのようです。

カナダ産のまつたけは日本のまつたけとは種類が違いますが、韓国・中国産のものは同じ種類です。秋の味覚の王様とも言うべき「まつたけ」、たまには思う存分食べてみたいものですね。


まつたけの豆知識

効用

ガン・食欲増進・骨粗鬆症・疲労回復・高血圧・糖尿病や肥満防止に効果があります

上手な食べ方

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

地酒(酒の失敗談) 柿市こぼれ話 かきいちのごはん日記 まかない婦のお勝手ブログ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
クックパッドかきいちブランドページ

ページの先頭へ戻る