旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。


加賀野菜

NEW 1月の「地酒」「ミニ知識」「レシピ」を更新しました。最終更新日:2019/01/01


クリックで拡大します。

 

12月18日、今日『のとてまり』の初競りが執り行われ一箱20万円という最高値が更新されました。プレミアムの規格の最高級品です。

競り落としたのは当社で、買ってくださったのは『ドミニク・ブシェ』さんです。フランス料理のお店ですが初競りの最高値を付けた『のとてまり』を去年も買ってくださったフランス料理の名店です。

写真がへたくそなのであまり感動が伝わりにくいと思いますが、ぜひほかの媒体で確 認してください。

今年も『のとてまり』の季節になりました。素晴らしい食材に恵まれたこの金沢の地に暮らす幸せを感じます。


出始めでお値段もかなり高いと思いますが、年が変わりお正月気分がフェードアウトするころには少しお手頃価格になっていくと思います。

『のとてまり』は無理でも『のと115』ならお手頃です。金沢の郷土料理『治部煮』に使っていただければいい仕事いたしますよ。お試しあれ。


今月の食卓/毎月、加賀野菜を使った料理とそれに合う地酒をご紹介いたします。四季を生かした手作り郷土料理を作ってみませんか?

1月は…「金沢一本太ネギと砂肝の塩コショウ炒め」と
[加賀ノ月]月光 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

金沢一本太ネギと砂肝の塩コショウ炒め

「金沢一本太ネギと砂肝の塩コショウ炒め」レシピ 2人分(1人分 150kcal)
金沢一本太ネギ 2本 砂肝 100g サラダ油 大さじ1
塩 小さじ1/2 胡椒 小さじ1/2  
  1. ネギは根元を切り、外側の部分がきれいになるまで外皮をむき水洗いしておく。
  2. 1のネギを幅1cmほどの斜め切りにしておく。
  3. 砂肝は食べやすい大きさに切り分け、火が入りやすいように厚みのある部分に切れ目を入れておく。
  4. フライパンに分量の油を熱し、まず3の砂肝を中火で炒める。表面が過熱されれば火を止めしばらく置いて余熱で砂肝に火を通す。
  5. 4のフライパンに2のネギを入れ火を通す。塩、胡椒を加えネギがしんなりするまで炒め合わせる。
  6. 器に盛り付け熱いうちに頂く。

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はコレ↓。もちろん購入もできます!

真薬効豊かな「ねぎ」は体を温め風邪や疲労から私たちを守ります。

ねぎ

ねぎは大きく分けると「葉ねぎ」といわれる青い部分を食べるものと「根深ねぎ」といわれる白い部分を食べるものに分けられます。

ねぎ

「葉ねぎ」は関西方面に多く、代表的な品種に「九条ねぎ」があります。葉ねぎは白い部分があまりなく、柔らかで辛みや刺激臭もマイルドです。関西の薄味の料理にはぴったりで、カロチンやカルシウム、ビタミンCも多く、栄養学的には根深ねぎよりすぐれています。

「根深ねぎ」は関東以北に多く、白い部分を長く育てるために土寄せして作られます。代表的な品種に「深谷ねぎ」や「下仁田ねぎ」があります。白い部分は加熱するととろりと甘く、鍋物や煮込み料理に向いています。生食すると辛みや刺激臭が強く多く、味つけの濃い関東の料理との相性もぴったりです。また、この白い部分には薬効が多く、昔から民間療法で利用されてきました。

ねぎの豆知識

ねぎエトセトラ

効用

風邪・食欲不振・疲労・冷え性・低血圧・肩こり・ストレス・イライラ・不眠・のどの痛み・下痢・鼻づまり・夏バテなどに効果があり、特にひきはじめの風邪には効果大です。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

椎茸の優良品種「のと115」その中でも最上位と認定された「のとてまり」
ド迫力の外観とその味わいを是非ご堪能下さい

椎茸椎茸は日本の栽培きのこの代表です。その栽培は江戸初期、1600年代に九州または伊豆の天城山で始まったといわれています。

いずれもクヌギの原木に鉈目(なため)を入れ、自然の胞子が付着するのを待つという原始的な方法でした。

昭和の時代になり、椎茸菌を純粋培養した種駒(たねごま)を原木に植え込む方法が考案され、生産量は飛躍的に増大しました。

現在では上記の原木栽培のほか、おがくずを使った菌床による生産が増え、むしろこちらのほうが主流になりつつあります。
天然の椎茸はナラ類の老朽木や切り株などに生え、春と秋の2回旬があります。栽培ものでもこの時期のものはいっそう味が良いといえます。

残念ながら天然ものの椎茸の入荷はほとんどありませんが、原木栽培の椎茸は味・香りとも天然ものに比べてもほとんど遜色がないといわれています。

のと115とのとてまり

のと115さて、『のと115』と『のとてまり』についてお話します。椎茸の品種も色々有りますが、奥能登産原木椎茸の『のと115』は優れた品種として近年注目を浴びています。115とは椎茸菌の品種の名前です。

この椎茸は直径が10cm前後に成長し肉厚です。そのため水分が多くなりやすく栽培が難しいとされています。椎茸は水分が少ない方が美味しいとされているので、生産者の方々は一つ一つに袋がけをするなどの作業で水分調節をされています。


のとてまり

この『のと115』の中でも特に優れた特秀品が『のとてまり』です。のとてまりとして認定されるためには

1. かさの直径が8cm以上であること。
2. かさの厚みは3cm以上であること。
3. かさの巻き込みが1cm以上であること。

この3つをすべてクリアし、形が揃っていてほぼ球形であることと、割れなどが無いことも重要視されます。
さらに平成26年より『プレミアム』という最上級の格付けが始まりました。


のとてまりのとてまり

栽培期間はおおよそ12月~3月末とされています。栽培エリアは奥能登の珠洲市・輪島市・穴水町・能登町の2市2町です。

奥能登の土壌は珪藻土(海洋プランクトンが化石になったもの)の埋蔵量が豊富で、椎茸の原木となるコナラなどの発育に適しています。地の利を生かし、能登椎茸ブランド化をあげて発足した『奥能登原木しいたけ活性化協議会』が力を注いで作り上げた原木しいたけの最高峰『のとてまり』を是非ご賞味下さい。

のとてまりの豆知識

効用

ガン・骨粗鬆症・高血圧・高脂血症・動脈硬化・肥満・糖尿病・風邪・便秘などに効果があります。

おいしい栄養

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

酒

[加賀ノ月]月光 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

酒

冬季限定販売酒

桁外れの明るさと礼儀正しさを持った加越さんの蔵人・奥田さんが、今年も試飲用のボトルを手にこの子の出来を熱く語っていかれたようです。

奥田さんから説明を聞いた姉によると今年のこの子は例えるなら『ひかる一平』だそうです。

『ひかる一平』さんには大変申し訳ないのですが、それ言って分かって笑っとるがおばちゃんだけやし。
奥田さん、すみませんが味わいを『ひかる一平』に例えられてもまったくもってわかりませんが、

試飲にいただいたこの子は、目ん玉を引ん剝いて「んまっ」が飛び出しました!!

こんな値段で、この味とは。恐れ入りました。
要らんやろうけど杜氏さんにおばちゃんからチューを一つ送ります(*´з`)

(要冷蔵)

酒
原料米 精米歩合 アルコール度
石川県産 五百万石 50% 17%

石川県小松市今江町9-605 <(株)加越>

(720ミリリットル詰)1,650円(8%税込み価格)  個数
(1.8リットル詰)3,240円(8%税込み価格)  個数
地酒(酒の失敗談) 柿市こぼれ話 かきいちのごはん日記 まかない婦のお勝手ブログ

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
クックパッドかきいちブランドページ

ページの先頭へ戻る