かぶ

寒くなるとおいしくなる「かぶ」、葉っぱも捨てずに食べましょう。

kabu

一般に「かぶ」といえば白くつややかな小かぶを連想しますが、日本各地で80をこえる品種が栽培されており、特大の「聖護院」や「野沢菜」などもかぶの一種です。

かぶには大根と同じくジアスターゼやアミラーゼなどの消化を助ける酵素類が豊富に含まれており、食物繊維もたっぷりです。

kabu

しかし、特筆すべきはその葉の高い栄養価で、β-カロチンやビタミンCなどのビタミン類はもちろん、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類も豊富。むしろかぶの玉より葉の方が優秀な健康野菜と言えます。

かぶの葉は春の七草では「すずな」と言われ、優れた緑黄色野菜です。小松菜や吹立菜などもかぶの葉から改良されたと言われています。地物のかぶは、白くつややかで美しくみずみずしくて、本当においしいかぶで、どこに出しても胸を張れる出来です。郷土料理「かぶら寿司」にはしかりとした歯ごたえのある青かぶらがお勧めです。

効能

かぶの玉の方は消化促進・腹痛・コレステロールの抑制などに効果があり、エネルギーが低いのにかさがあるのでダイエットや糖尿病食としても利用できます。
葉は骨粗鬆症・ガン・貧血・味覚障害・美肌・老化防止などに効果があります。

おいしく食べるには

  • 葉と玉両方食べれば栄養抜群だが、葉付のままでは玉の方にスが入りやすいので、買ったらすぐに切り離した方が良い。
  • 葉はそのまま使うより葉先と茎に分け、葉先は煮付けや汁の実などに、茎は漬物にする方がそれぞれおいしくいただける。

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel