吹立菜

fukitachina

「吹立菜」(ふきたちな)は北国のおてんば娘です。

吹立菜は金沢の漬け菜の一種で、藩政時代に栽培が始まった。小松菜とは兄弟同士だがはるかに力強い外見で、色合いも深い感じ。おてんば娘にたとえられ、「てんば菜」の別名もある。
漬物や煮つけ、お浸しのほか郷土料理の「てんばおくもじ」の素材もこの菜。

fukitachina

吹立(ふきたち)菜は金沢の漬け菜の一種で、藩政時代に城南・笠舞(かさまい)地区で栽培が始まり、金沢中で作られるようになりました。冬から早春にかけて出回る「地野菜」で、一般家庭のお惣菜の材料として古くから親しまれています。

小松菜とは兄弟同士で、在来種のかぶ「くくたち」から出来たものです。

くきたち菜・おそ菜・てんば菜とも呼ばれますが、「てんば」の名は、塩漬けにしても重石の下からニョキニョキと茎を伸ばし、花まで咲かすところから「おてんば娘」のようだとつけられた名前です。

「吹立」の名の由来の方は、春になるといっせいにとうがあがるところからつけられたらしく、どちらにしてもこの菜っ葉の力強い生命力を感じさせます。

 

ふきたっちゃぁ、金沢の漬けもん用の菜っ葉ねんちゃ。江戸時代に城南と笠舞で作り始めたげんけど、それから金沢中で作られるようになったらしいわ。冬から春も早いうちに出回る地野菜のひとつで、普通のうちのおかずやわいね。ま、「おふくろの味」ちゅうやっちゃ。

小松菜かって吹立とは兄弟同士ながやぞ、地物のかぶの「くくたち」から出来たものらしいげんわ、金沢の人らっちゃぁあんまりかぶの葉っぱなんか食べんけど、かぶの葉っぱかてばかにしたもんでないげんぞ、栄養かってすっげぇげんから。

ふきたっちゃ他に「くきたち」やら「おそ菜」やら「てんば菜」ちゅうがにも呼ばれとるげんけど、「てんぱ」ちゅうがは、漬けもんにしても重しのしたからニョキニョキーっと頭出してきて、花まで咲かすがやといね、ほっから、「おてんば娘」みたいやちゅうて付いた名前ながやと。「吹立」の名前の方は春んなるといっぺんにとうがあがるとっから付いたらしいわ。どっちにしても、この菜っ葉のがんこきっついとこわかるやろ?ほんな菜っ葉や。

吹立菜(ふきたちな)は冬の青菜、霜にあたり、雪に踏まれていっそうおいしくなります。これは暖かい時期に育つ青菜に比べ成長が遅く、糖分がじっくり蓄えるためと考えられます。ですから雪の降った後に収穫された吹立はこくと甘みが増し、歯触りも柔らかくなると言われています。

旬の時期

12月~3月

主な産地

米丸・二塚・押野地区

効能

ガン・風邪・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・ストレス・貧血・老化防止・美肌保持に効果があります。

おいしい食べるには

  • 油揚げと煮込んだ菜っ葉の煮つけは最高!
  • 塩漬けにした吹立(ふきたち)菜を塩出しして煮つけた「てんばおくもじ」は加賀の郷土料理、またてんば漬(吹立を塩漬けもしくはぬか漬けにしたもの)と身欠きにしんの煮付けもいけます。
  • シンプルにベーコンと炒めたり、からし和えや煮浸しなどもおいしい。

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel