金時草

≪金時草(きんじそう)≫

一般名は「水前寺菜」で九州の水前寺で栽培されていたが、現在では金沢が主産地。金時草とは葉裏の金時色(きんときいろ)からついた名前。ぬるりとした食感と美しい色が特徴。
酢の物が最高だが、サラダや天ぷら、和え物などもおいしい。最近では佃煮やジャム、ドレッシングなどさまざまな製品も出回っている。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/6月〜9月(一年中栽培)  主な産地/花園・森本地区

※1把あたりの税込価格です。

加賀太きゅうり

≪加賀太きゅうり≫

普通のきゅうりと違い太く大きいのが特徴。1本600〜800g程度。
酢の物がお勧め。あんかけなどの煮物や漬物、サラダや味噌汁の具にも良し。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/4月〜9月  主な産地/打木・安原地区

※1本あたりの税込価格です。

加賀つるまめ

≪加賀つるまめ≫

やさしい色合いと野趣あふれる独特の香りが特徴。全国的には「千石豆」の名で流通している。ほかに「藤豆」「隠元豆」と呼ぶ地方もある。関西、北陸地区の家庭料理用でほかの地方にはあまり出回らない。
煮物が主だが、天ぷら、炒め物、和え物などにも適している。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/6月下旬〜9月  主な産地/小松市・花園地区

00g

※100gあたりの税込価格です。

打木赤皮甘栗かぼちゃ

≪打木赤皮甘栗かぼちゃ≫

一般に出回っている「えびすかぼちゃ」のようにホクホクした食感ではなくややベチャっとした肉質。美しい朱色と玉ねぎのような形が特徴。
小ぶりなものが多いので詰め物にも向いているが、余分な甘さが無いのでサラダや炒め物などにも向く。美しい色を生かした料理にトライ。菓子の素材としても良さそう。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/6月〜9月  主な産地/打木地区

kg

※1kgあたりの税込価格です。

糸うり

≪糸うり≫

ペポかぼちゃの一種で、茹でると果肉が糸状にほぐれるところから「糸うり」。「そうめんかぼちゃ」「金糸うり」「なますうり」など様々な名で呼ばれる。全国的な市場にはほとんど出回らず、生産地の市場で見かける程度。
糸状にしたところで、酢の物やサラダ、あんかけ風にしても良し。ただし茹ですぎは禁物。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/7月〜8月  主な産地/柳田村・崎浦・花園地区

※1個あたりの税込価格です。

ヘタ紫なす

≪ヘタ紫なす≫

ヘタの下になった部分まで美しい紫色なのでこの名がついたとか。小ぶりでころりと丸く、愛らしい外見。地元では「小立野ナス」「丸ナス」「漬ナス」などと呼ばれ親しまれている。
「漬ナス」と呼ばれるところからもわかるように、昔から漬物用のナスとして出回っており、やはりそれが一番適している。普通の中ナスのように、天ぷらや煮物、炒め物などにも良い。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/6月中旬〜9月  主な産地/小立野・崎浦地区

※1個あたりの税込価格です。

さつまいも

≪さつまいも≫

元禄時代に薩摩の国から種芋を持ち帰り栽培が始まったという歴史の古い「加賀野菜」。美しい外見と豊富な栄養価が魅力。
ふかし芋、天ぷら、お菓子の材料などにてきしています。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/8月中旬〜5月下旬  主な産地/五郎島・粟崎・大野・大徳地区

kg

※1kgあたりの税込価格です。

加賀れんこん

≪加賀れんこん≫

節が短く粘り気が強いのが特徴。五代藩主が花をめでるため、城のお堀に植えたのが始まりだとか。
キンピラや酢蓮根、天ぷら、はさみ揚げなどにしたり、郷土料理の蓮蒸し、蓮根の団子汁、ハス根かんなどのお菓子の材料としても使われる。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/8月中旬〜5月下旬  主な産地/小坂町・河北潟地区

kg

※1kgあたりの税込価格です。

たけのこ

≪たけのこ≫

全国的に最も遅い時期の出荷となる筍。明治3年に江戸から内川町に持ち込まれたのが始まり。
穂 先/和え物やお吸い物に。
真ん中/天ぷら、煮物などに適している。
根 元/炒め物や筍ご飯に。硬いが味は良いので煮物もお勧め。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/4月下旬〜5月下旬  主な産地/内川・富樫地区

kg

※1kgあたりの税込価格です。

源助だいこん

≪源助だいこん≫

長さ30cm弱、太さ10cmあまりの太くて短い外見。旬の時期も短い。小ぶりなところが少人数の家庭用として向いているともいえる。
肉質がやわらかく煮物に最適。漬物もおいしく、郷土料理の「大根ずし」にもこの大根が使われる。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/10月〜12月  主な産地/打木地区

※1本あたりの税込価格です。

せり

≪せり≫

石川県では大正の初めから諸江地区で栽培されている。諸江の芹は全国でも最も茎が細く、優れた品質と美しさが自慢。しかし、後継者がおらず、いずれなくなってしまうのではないかと心配されている。
冬の鍋物には無くてはならない名脇役。ほかにも卵とじやお浸し、酢の物や和え物などいろいろと楽しめる。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/11月上旬〜3月  主な産地/諸江地区

※1把あたりの税込価格です。

金沢一本太ねぎ

≪金沢一本太ねぎ≫

名前のとうり太く、しかも普通のねぎより長い(110cm前後)。風などで折れやすく、出荷規格にも合わないので作り手は次第に減り、地元でも「幻のねぎ」と言われているが、最近の加賀野菜ブームで息を吹き返し、やっと市場に出回るようになってきた。味は抜群に良く、加熱すると甘く柔らかい。
すき焼きや、ねぎま鍋などの鍋物や、かも南蛮などたっぷりねぎを味わえる料理が最適。

(写真手前の切った葱は、Lサイズの白葱です。)

旬の時期/11月〜3月  主な産地/金城地区

※1把あたりの税込価格です。

二塚からしな

≪二塚からしな≫

ピリッとした辛味とほろ苦さが味の特徴。からし菜漬けにするには加熱しすぎないことと、容器を密閉することが大切。失敗すると、ただ苦いだけになるので要注意。
漬物が一般的だが、辛味の少ないものは和え物やお浸し、煮物、炒め物にも使える。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/2月〜3月  主な産地/二塚地区

※1把あたりの税込価格です。

赤ずいき

≪赤ずいき≫

八ツ頭、里芋、唐芋などの食用になる葉柄で、特有の歯ごたえが特徴。
乾煎りしたりさっと茹でて三杯酢に浸けると、色も美しくシャキシャキしたおいしい酢の物になる。ほかに、肉や練り製品などとの炊き合わせもお勧め。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/7月上旬〜9月下旬  主な産地/花園山間地

kg

※1kgあたりの税込価格です。

くわい

≪くわい≫

くわいはその姿から「芽が出る」「めでたい」縁起物として、お正月のおせち料理や、お祝いのご膳に使われる。地物のくわいは江戸時代から栽培され、最近になって加賀野菜として認定された。
煮物以外あまり知られていないが、スライスして揚げたチップスや、炒め物やチャーハン、シュウマイの具にするとシャキシャキでおいしい。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/12月〜2月  主な産地/小坂・河北潟地区・羽咋市

kg

※1kgあたりの税込価格です。

金沢春菊

≪金沢春菊≫

加賀野菜として認定された地元の春菊は、丸葉で肉厚、株もあまり大きくなく、庶民的な外見。柔らかで味も良く、栄養価も高い健康野菜。
鍋物やお浸し、和え物などに。

旬の時期/12月〜3月  主な産地/泉・高松地区

※1把あたりの税込価格です。

加賀丸芋

≪加賀丸芋≫

加賀丸芋は山芋属つくね芋群に属する高級品種。粘りが強く、おろしても箸でつまみあげることができるほどで、他の山芋に比べ栄養価も高い。加賀野菜に認定されないことが疑問に思えるほど、地元では自慢の地野菜。
とろろ汁、麦トロ、マグロの山かけや磯辺揚げ、お好み焼き風に焼いても格別の一品。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/10月〜2月  主な産地/寺井・根上・鶴来・鹿島・珠洲

kg

※1kgあたりの税込価格です。

吹立菜

≪吹立菜≫

吹立菜は金沢の漬け菜の一種で、藩政時代に栽培が始まった。小松菜とは兄弟同士だがはるかに力強い外見で、色合いも深い感じ。おてんば娘にたとえられ、「てんば菜」の別名もある。
漬物や煮つけ、お浸しのほか郷土料理の「てんばおくもじ」の素材もこの菜。

ミニ知識とレシピ

旬の時期/12月〜3月  主な産地/米丸・二塚・押野地区

※1把あたりの税込価格です。


地酒 | ギフト | ミニ知識とレシピ | 会社概要 | トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365
E-mailto:info@kakiichi.co.jp