旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

花を愛で、実を食す「梅」は日本人の心の友です

梅

待ちわびた春を私たちにいち早く知らせてくれる梅の花。その実である梅の実は、梅干し・梅酒として日本人の食生活にも深く根づいています。

梅の栄養学的特徴は、有機酸が非常に豊富なことで、なかでもクエン酸の働きが注目されます。疲労回復・殺菌・抗菌効果・鉄分の吸収促進・老化防止・便秘・せき止め・口臭予防・歯痛・水虫などに効果があり、すぐれた薬効を持つ健康食品と言えます。

ただし、青梅の仁(種の中の白い実)には有害物質アミグダリンが含まれ、青酸に変化することがあるので生食は避けましょう。もっとも生の青梅はすっぱ過ぎて食べられませんし、梅酒などの加工品や完熟梅ではその心配はありません。

梅酒用には未熟な青梅を、梅干し用には完熟したものを使いましょう。小梅でももちろん梅酒や梅干しも作れます。俗にカリカリ小梅と言われるものは梅干しではなく梅漬け。つまり梅干しのように土用干しといわれる干す作業はありません。

豆知識

効用

食中毒防止・整腸・食欲増進・消化促進・疲労回復・風邪・二日酔い・老化防止・水虫・貧血・口臭・美肌・アトピーなどのアレルギー疾患にも効果があります。

おいしく食べるには

  • 酸が多いので生食には向かない。梅干し・梅漬け・梅びしお・梅ジャム・梅酒・梅羊羹などの原料にされる。
  • (梅干し)レシピ参照
  • (梅漬け) 小梅を、干す作業なしで本漬する。
  • (梅酒)青梅1kgを洗い、水気をふき取り、梅・氷砂糖0.8~1kg・ホワイトリカー35°、1.8リットルの順に入れて冷暗所に置き、6ヶ月で出来上がる。
  • (梅びしお)形の崩れた梅干しなどから種を除き、裏ごし器にかけ、砂糖を加えて60°に加熱しながら練り合わせて仕上げる。
  • (梅ジュース)青梅を洗って水気をふき、表面をフォークで刺す。梅の重量の80~100%の砂糖をまぶして冷暗所に一週間置く。その間時々混ぜる。
  • (梅肉エキス)青梅をすりおろし、布に包んでしぼり、陶器またはホーローの鍋で弱火でじっくり黒く水あめ状になるまで煮込む。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

ページの先頭へ戻る