旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

夏の定番おやつ「とうもろこし」は甘いものほど人気者

とうもろこし

とうもろこしにはいろいろな品種がありますが、日本ではスイートコーンと言われる甘味種がほとんどで、おやつ感覚で食べられることが多い穀物です。

スイートコーンにはゴールデンコーン・シルバーコーン・バイカラーコーンと三つの系統があり、今のところ主流はバイカラーコーンの「ピーターコーン」と言われる品種です。バイカラーコーンとは黄色と白の親をかけ合わせた一代雑種(F1)で、メンデルの法則どうり、3対1の割合で黄色と白の粒が混じっています。

ゴールデンコーンでは「ピーターコーン」以前に主流だった「ハニーバンタム」が有名ですが、近ごろ新しく「キャンベラコーン」や「味来{みらい}」など、「ピーターコーン」より更に甘い品種が出て、いずれこの品種に市場が席巻されるだろうと言われています。

シルバーコーンは「ハニーバンタム」の白色種。またヤングコーン・ベビーコーンと言われている小さなとうもろこしはスイートコーンの若採りしたのもで、主に二番雌穂が使われているようです。

とにかく日本のともうろこしはどんどん甘いもの甘いものへと移行しているようで、これからも新しい品種が出てくるだろうことが予測されます。外国の人の中にはスイートコーンは甘いばかりで風味が無いとの批判も聞かれますが、果物にしてもトマトなどにしても日本人の甘いものを求める傾向は当分変わりそうもないでしょう。

とうもろこしの豆知識

効用

便秘・動脈硬化・大腸ガン予防・高脂血症・老化防止・疲労回復・高コレステロール・美肌などに効果があります。
とうもろこしの毛は生薬では南蛮毛{なんばんげ}と呼ばれ、利尿剤として使われ、むくみ除去に効果的です。
ただしとうもろこしは消化が良くないので、胃腸の弱い方は食べ過ぎに注意。

おいしく食べるには

  • とにかく買ったらすぐ茹でて食べて下さい。とうもろこしは半日で甘みが半減するといわれるほどです。すぐに食べない場合は茹でて冷凍して下さい。
  • どうしても茹でる暇がない場合は、新聞紙などで巻いて冷蔵庫で立てて保存してください。寝かせた場合とでは糖分の減り方が違います。
  • 調理する直前に皮をむきましょう。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

ページの先頭へ戻る