旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

「梨」たっぷり含まれた水分とミネラルが渇いたのどと体をうるおします

梨

梨といえば以前は青梨の「二十世紀」と赤梨の「長十郎」が代表格でしたが、今では三水(さんすい)と言われる新水(しんすい)・幸水(こうすい)・豊水(ほうすい)が人気です。

さらに最近では洋梨や中国梨も出回るようになり、またひとつ違った味わいの梨を楽しむことも出来るようになってきました。中国梨は日本梨と同じくシャリシャリした食感が特徴ですが、追熟させて芳香を楽しみます。洋梨は「サンドペアー」と呼ばれる日本梨に対して「バターペアー」と呼ばれ、なめらかな食感と追熟されて高められた豊かな香りが特徴です。同じ梨とはいえあまりにも違う味わいのため、なかなか受け入れられませんでしたが今では洋梨を買う人も増えてきましたし、反対にアメリカでは「二十世紀」が人気を高めているそうです。

また、梨の世界でも品種改良が進み、近々「二十世紀」をさらに甘くした「二十一世紀」や、梨とりんごをかけ合わせた「りんご梨」や「梨りんご」などが市場に登場します。

梨の豆知識

効用

解熱・のぼせ解消・せき・声がれ・のどの痛み・便秘・二日酔いに効果があります。水分が多くミネラルも含まれるため、汗を多量にかいた時の水分補給源としてお勧め。ただし、体を冷やす働きがあるので冷え性の人や妊産婦は食べ過ぎに注意! また、胃腸の調子の悪い人も食べ過ぎないようにしてください。

おいしく食べるには

  • 皮の近くに渋みや苦みがあるため皮は厚めにむく、芯の近くも酸味が強いことがあるので、日本梨は大胆にカットした方がおいしいかも。
  • 反対に洋梨は皮も薄く芯も小さいので注意。
  • をむくと茶色に変色しやすいので、食べる直前に皮をむくか薄い塩水につける。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

ページの先頭へ戻る