旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

お歳暮商戦で大活躍の加賀丸芋は山からの贈り物です。

加賀丸芋

加賀丸芋は山芋の一種で、関西ではつくね芋とも呼ばれています。 そもそも山芋とは里で採れる芋「里芋」に対して山で採れる芋「山芋」と呼ばれるもので、そのなかには「自然薯」(じねんじょ)、棒状の「長いも」、バチ状になった「大和芋」(やまといも)(その姿から「いちょう芋」と呼ばれることもある)、球状の「丸芋」(大和芋と呼ばれることもあります)などがあります。

山芋には主成分のでんぷんを分解する消化酵素が含まれているので、生で食べることができ、粘りのもとムチンがたんぱく質をうまく活用させるなど、すぐれた特長があります。

また、丸芋は他の山芋に比べ大変粘りが強く、すりおろしたものを箸でつまみ上げることもできます。栄養価も高くすぐれた食品ですが、栽培がむずかしく収穫量が多くないので、価格はやや高めです。

金沢弁でご紹介

加賀丸芋の豆知識

効用

滋養強壮・消化促進・精力増強・老化防止・高血圧予防・コレステロールを下げる・整腸作用など、いろいろな効用があります。

おいしく食べるには

  • 加熱するとせっかくの消化酵素の働きが激減します、栄養的特長を生かすなら加熱せずに食べる調理法を選びましょう。
  • 変色しやすいので、皮をむいたら酢水につけましょう。
  • 丸芋の栄養丸採りのとろろ汁や麦とろ、マグロの山かけ、千切りにしてサラダや酢みそ・梅肉などで和え物に、むっちりした磯辺揚げも丸芋ならでは、丸芋の揚げ出しやお好み焼きも最高です。

レシピのご紹介

ご購入はこちらから

ページの先頭へ戻る