旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

みめうるわしき「加賀野菜」「金時草(きんじそう)

金時草

「金時草」はインドネシア原産で、日本には18世紀に渡来したと言われています。熊本の水前寺で栽培されていたので、一般的には「水前寺菜」と呼ばれていますが、今ではほとんど金沢でしか栽培されていないようです。

金時草

金沢へは藩政時代に農家の人が熊本から持ち帰り、自家用に栽培したのが始めとされています。

金時草はたいへん強い植物でどんなところでも栽培できますが、日陰の場所を好み、一株から取っても取ってもわき芽が伸びて、また収穫できるというありがたい作物でもあります。

「金時草(きんじそう)」という名前の由来は、葉の裏側の「金時色(きんときいろ)」(赤紫色)から来ているようです。茎と葉裏が赤紫色、葉の表は緑色で、色のコントラストも美しい珍しい野菜です。

食べた感じ見た感じでは「つるむらさき」に似ていて、土臭さとぬめりのある、いかにも身体に良さそうな野菜です。栄養学的にはカロチン・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・鉄分などが多いと言われています。

金沢弁でご紹介

金時草の豆知識

効用

夏バテ防止・貧血・イライラ・骨粗鬆症・疲労回復に効果が期待できます。

おいしく食べるには

  • 葉を摘み取り利用します。ゆで過ぎは持ち味のぬめり・色合いを損ないます。
  • 摘み取った葉をさっとゆでて酢の物に、金時草の食べ方の王道です。
  • お浸し・ごま和え・芥醤油・マヨネーズで食べたり白和えにしてもおもしろい。
  • サラダ・天ぷら・煮物の付け合わせ・みそ汁の具にしてもgood!
  • 色合いを生かしたゼリーやシャーベットも美しい。

レシピのご紹介

ご購入はこちらから

ページの先頭へ戻る