旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

寒くなるとおいしくなる「かぶ」、葉っぱも捨てずに食べましょう。

かぶ かぶ

一般に「かぶ」といえば白くつややかな小かぶを連想しますが、日本各地で80をこえる品種が栽培されており、特大の「聖護院」や「野沢菜」などもかぶの一種です。

かぶには大根と同じくジアスターゼやアミラーゼなどの消化を助ける酵素類が豊富に含まれており、食物繊維もたっぷりです。

しかし、特筆すべきはその葉の高い栄養価で、β-カロチンやビタミンCなどのビタミン類はもちろん、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類も豊富。むしろかぶの玉より葉の方が優秀な健康野菜と言えます。


かぶの豆知識

効用

かぶの玉の方は消化促進・腹痛・コレステロールの抑制などに効果があり、エネルギーが低いのにかさがあるのでダイエットや糖尿病食としても利用できます。

葉は骨粗鬆症・ガン・貧血・味覚障害・美肌・老化防止などに効果があります。

おいしく食べるには

  • 葉と玉両方食べれば栄養抜群だが、葉付のままでは玉の方にスが入りやすいので、買ったらすぐに切り離した方が良い。
  • 葉はそのまま使うより葉先と茎に分け、葉先は煮付けや汁の実などに、茎は漬物にする方がそれぞれおいしくいただける。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

ページの先頭へ戻る