旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ

お求め安く食べやすい「デラウエア」は、夏バテ君にもぴったりのデザートです

デラウエア

ぶどうは果物の中では世界で最も古く最も広範囲に栽培されてきた果物で、量的にも一番多く作られています。

それというのも生命の水=ワインの原料として5000年もの昔から人々に珍重されてきたからで、ピラミッドの内部にもぶどう酒の絵が残されています。

世界的に見るとぶどうの生産量の80%がワインの原料とされていますが、日本に限って言えば90%がフルーツとして生で食べられ、ワインやジュースなどの加工用はわずか10%に過ぎません。

デラウエアは巨峰と共に日本のぶどうの二大品種で、小粒で甘く、ジベレリン処理によって種なし化され、さらに食べやすくなっています。

ジベレリン処理とは、ぶどうの花がつぼみのうちにジベレリンという名の植物性のホルモン剤をつけるもので、デラウエアばかりでなく巨峰やピオーネなどの種なし化も進んでいます。

ぶどうは糖分が14~20%ととても高く、しかもその糖分はブドウ糖と果糖がほぼ同じ割合で含まれています。ブドウ糖や果糖は他の糖類にくらべて分子量が小さく、消化吸収されやすくなっています。ですから疲れた時のおやつや、病中病後の栄養補給、夏バテにもぴったりです。

また、皮や種にはワインブームですっかり有名になったポリフェノールが多く含まれており、心臓病や動脈硬化に効果があり、血をサラサラにするといわれています。

デラウエアの豆知識

効用

疲労回復・ガン・高血圧・食欲増進・病中病後の栄養補給に効果があります。
干しぶどうには食物繊維や鉄分が多量に含まれていますので、貧血や便秘に効果大です。
赤ワインやグレープシードオイル(ぶどうの種から取った油)は血栓や動脈硬化・心臓病を予防するのに効果的です。

おいしく食べるには

  • ぶどうは日によく当たる房の上の方の粒が甘いものです。ですから房の一番下の粒が甘ければ、その房はみんな甘いということになります。
  • ぶどうを最後までおいしく食べるには、房の下の方かの粒から食べること!そうすれば後の方ほど甘くなりおいしくいただけます。
  • ぶどうにはブルームと呼ばれる白い粉がふいていますが、これはぶどうが完熟している証拠です。またこれがきれいに残っているものは新鮮だともいえます。このブルームを目当てに良いぶどうを選びましょう。

レシピのご紹介

ご購入希望の方は当社にお問い合わせください TEL.076-221-1365 E-mail:info@kakiichi.co.jp
(但し、お問い合わせの受付時間は午後2時までとさせていただきます)

ページの先頭へ戻る