柿市こぼれ話


平成27年11月某日、急に寒くなり霙でも降り出すのではなかろうかと鉛色の空を見上げる今日の日です。

さて、今回は先日商工会議所から金沢老舗顕彰制度により表彰された話にしようかと思います。これは100年以上創業から経っており、それなりに商売を続けている店が対象だそうです。

と言っても当社は創業100年を数年超えちゃっています。100周年の時は新聞に広告を載せたので顔見知りの魚屋さんに
「老舗やねぇ。」と言われ心の中で『これが老舗ってことなら、こんなしんどい仕事を営々と100年続けてきたってことやなあ。』と少し苦い味を感じたことを思い出しました。

子供のころから見てきた父や母の働く姿は決して楽なものではありませんでした。夜眠る間もないほどの忙しさ。たびたび起こるトラブルに困り果てている姿。そんなことばかりが思い出されます。

今は社長職に収まっている弟が小学生にもなっていない時に見よう見まねで柿市の車を運転し、隣に乗っていた私ごと死出の旅路につきそうになったこともありました。あの時は血相変えた大人が飛び込んできて車を止めてくれたように思います。

母に至っては妹がお腹の中にいるときに乱暴運転の父の車が(勿論会社のトラックです)カーブを曲がるときなぜかドアが開き、道に転がり落ちたことがあったそうです。後続車が居たら妹と母はダブルでお亡くなりになっていたかもしれません。(@_@;)

車から落ちた母を父が怒鳴りつけたそうですから男の偉い時代だったのでしょうね。

今朝の当社朝食の食卓でたまたま当社に駆けつけた救急車の話題になりました。順不同で列挙してみます。

  1. 当社駐車場でバーベキューパーティーをやった時、タクシーチケットを取りに行った母が階段から転落し額のバックリ割れで救急車で搬送された。
    (詳しい話は当社HP 柿市こぼれ話のブラックジャックにしておくれをご参照ください)
  2. 当社駐車場でバーベキューパーティーをやった時(1とは別の年)、日本酒を飲み過ぎて泥酔した女子社員のため救急車を呼んだが、救急隊員の問いかけに答えられたため搬送の必要なしと乗車拒否された。
    (詳しい話は当社HP 地酒のページの酒の失敗談酒の失敗談「『アホ』に付ける薬なし」をご参照ください。)
  3. 当社の創業100周年のお祝いのため石川県の名旅館加賀屋さんでパーティーを開き飲み過ぎた社員が救急車で運ばれた。
    (詳しい話は当社HP柿市こぼれ話の100周年の宴会は…をご参照ください)
  4. 早朝出勤していた社員が休憩してたばこを吸ったとたんに脳卒中の発作で倒れ、救急車で搬送された。幸い命は助かったが休職中のまま定年を迎え退職した。
  5. 早朝出勤していた社員が(4とは別の人)階段を踏み外し顔面から出血、救急車で搬送された。14針も縫う怪我だったためか傷害事件かと警察が乗り込んできた。
    (詳しい話は当社HPの柿市こぼれ話のおかしなラッピングと救急車再びをご参照ください。)

この他にも亡くなった祖母が怪我をしたり過呼吸の発作を起こしたりで2度ほど救急車が来た。

ねっ、救急車ネタだけでもこんなにあります。やっぱ100年の歴史ってことかしら?

今月は大した事件もなく過ぎました。本当は吉田酒造さんにお邪魔した時の話でも良かったのですが、酒が絡んだ話は地酒のコーナーでやっているので今回はこれでご容赦ください。

事件続きってのも問題ですが、あまり平和だとこのお話も盛り上がりませんね。本当はエグイ話もいっぱいあるのですが、それはエグ過ぎて載せられないのです。

さて、とうとうどん詰まりの12月になります。1年の半分過ぎたあたりから暮れの足音にビビる私ですが、どうぞ今年も年末の飲み会の酒が旨酒になりますようにと願ってやみません。皆様もお体大切にお過ごしください。


加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365
E-mailto:info@kakiichi.co.jp