柿市こぼれ話


平成27年6月某日、金沢も梅雨入りしてじっとりべたべたの素敵な気候になっています。 毎年6月は当社柿市商店の健康診断の月です。6月の水曜日がすべて休日になるので時間のかかる胃カメラなどの検査を受けるためにこの月が検診時期に選ばれています。

そこで今回はこの話題を取り上げてみようかと思っています。題して【検診の月】とでもしておきましょうか?ひねりもな~んもないくだらんお題ですみません。

今年もまた検診の月がやって来ました。つい1か月前までは従業員食堂でおっとろしくご飯が減り、おかずも何も食べつくされるような有様だったのに、微妙に空気が変わっています。どうやら社員の方々は検診を前にして少しでもデーターを良い方に運ぼうと頑張っている模様です。

去年長年当社で働いてくれ、定年退職した元専務ががんで亡くなりました。会社では毎年受けていた健康診断を退職してから一切やっていなかったのでがんが見つかった時にはすでにいろいろな場所に転移している状態だったのです。
「東京オリンピックは無理でも北陸新幹線の開業は見たい。」と言っていましたが、かがやきを見ることなく逝ってしまいました。

やっぱり健康診断は大事です。

個人的には胃カメラの検査をどうするのかと聞かれたのですが、今まで特にひっかかったこともないし検査自体が結構大変で時間もかかるうえ検査料金も高額です。検診費用は会社が全部出してくれて追加で何かあった場合だけ個人が支払うことになっているのですが、会社にとっても負担ですものねぇ・・・

止めようかとも思ったのですが、今までずっと受けてきて今年受けなかったときに発病したら残念過ぎるような気もしたので受けておくことにしました。

全ての検査の最後に胃カメラの待合室に呼ばれました。処置室の中からグエーグエーと獣のような吠え声と、それをなだめるナースの声が聞こえます。ですが数年前に聞いた我が弟の吠え声に比べればライオンと子猫ほどの差があります。

丁度以前にもそのライオンの吠え声を聞いた社員が今回も同じ待合室にいたのでその時の話になり、本当にあの時は次は自分かとゾッとしたという話になりました。それにしてもこの状況は検査を受ける身としてはちょっと辛いものがあります。処置室を防音にしてほしいというのが義妹の要望です。特に当社の社長が受ける場合は完璧な防音壁が必要です。

今回乳がん検診も受けたのですがあのマンモグラフィーという機械に挟まれてペッチャンコになっている自分の胸を見て情けなく思っているのは私だけでしょうか?その上以前のことをすっかり忘れていたので婦人科で診察を受けてくれと言われ、すわ最初のガンは乳がんかと思い脂汗がたらたらと流れました。

最初に考えたのは仕事の段取りです。自分が居なくなったらどうするのだろうと本気で心配しましたが、よくよく考えれば私が入院しようがどうしようが陽は登りまた沈むのです。そうでないというのなら少しは気も済むのでしょうがたった一人の力などたかが知れているということです。

まあ、結局は太り過ぎと血圧が高いことを注意されて終わったので今年もセーフかな?

それにしてもいつ今年はアウトと言われるか分からないのですから、私たちの平穏な生活というものも綱渡りのごとく危ういものです。この綱から転げ落ちないためにも太り過ぎは注意です。ハンプティ・ダンプティは落ちたら元に戻せません。

分かっちゃいるのですがアドバイスをくれる先生に
「ダイエットを続けるモチベーションが保てません。以前5%減量すればデーターが改善すると言われ5%以上減量して一年以上頑張りましたが数値の改善は全く見られませんでした。」と不満をぶちまけました。

ガセ情報に踊らされた自分が哀れです。

そうそう、この健康診断ですがこれはあくまでも自分のための物であり会社の仕事ではありません。それを勘違いして仕事中にタイムカードも押さずに出かけたり「仕事中に寝るのが嬉しい。」などとうそぶく輩がいるので寝る可能性大の胃カメラの検査のある人は休日に受けてもらうことになっています。

でも本当にこの検診のおかげで命拾いをしている人たちも何人もいるのです。当社の福利厚生の中でもこの検診は重要なものです。

今気になっているのは退職して嘱託扱いになっているある人が頑として検診を受けないことです。
「どうなっても良いんだ。」と言っていますが、何かあれば大変な思いをするのは本人だけではありません。

いつもムッチャクチャ状態の当社でこの検診は数少ないまともな部分です。是非これを利用して、自分と家族の幸せのために役立ててもらいたいと思っています。

検診の月も終わりを迎えた今、またしても米の消費量が跳ね上がりました。みんな大丈夫なのか?元看護婦の義妹と、元栄養士の私はいつも心配しています。(;一_一) (-_-;)


加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365
E-mailto:info@kakiichi.co.jp