柿市こぼれ話


2月某日、三寒四温に揺れ動く今日この頃です。3月に石川県では「大吟醸の初しぼり」が発売されます。180mlの小瓶なので飲みきりや飲み比べに便利で回を追うごとに人気が出てきた気がします。

ですがこれが初めて発売されたのは2011年の震災の直後だったので初年度はさっぱり売れませんでした。というか、街全体が死んだように静かで日本中の人たちの嘆きや哀しみが空気の中に濃く流れていました。

あれから4回目の春が来ようとしています。

さて、今回は先日取引先の方たちと飲みに行った折の顛末を取り上げてみようかと思います。最終的な結末が私にとって悲惨なことになりました。題して【見上げた空は鉛色…】としておきましょうか(^^ゞ

2月10日、飛び石連休の中日に取引先の方々と飲みに行くことになりました。相手方の社長さんがインフルエンザで急に来られなくなったので、金沢支社長さんとI支配人さん、S料理長さんと私と妹の5人で出陣です。

場所は東山の蛍屋さん。浅田屋系列のお店でなかなかに素敵なお店です。本来は場末の赤ちょうちんが好みの柿市姉妹ですが、相手方の金沢支社長さんが「S料理長が一緒なので勉強になるようなところが良いのですが…」とハードルを上げるので仕方ありません。

まあ、もともと社長様がご一緒なら新天地や焼き鳥横丁というわけにもいかなかったのですが…

さて、その蛍屋さんですが何よりの特徴は男子トイレがとても変わっているというところです。どう変わっているかと言えば透明の壁にユルユルと水が流れていて、それが便器になっているのです。

S料理長さんとI支配人さんはその仕掛けが分からなかったらしく「別に普通でしょ?」などと言った挙句種明かしをされ「あんなところに出来るか!!」と仰天していらっしゃいました。変わってるって言っといたのにわかんなかったかな?

ここのお料理が良かったのはブログの方で載せたので割愛しておきます。一部の写真だけ載せておきますね。

これだけで酒が5合ほど飲めそうな珍味の盛り合わせです。

酒は冷酒の場合は切子のグラスで、熱燗は好きな盃を選んで使います。この杯の中に私の大好きな九谷焼の作家さんの杯があったので早速使いました。赤地健さんの作だと思います。びっくりしました。

S料理長さん以外はもうすでに顔見知りの方々なので飲み会は和やかに過ぎていきました。ここでは日本酒は1升2合ほど頂いたと思います。お客様方はとりあえずビールも込みですが、柿市姉妹にビールという選択肢はありません。のっけから酒一本です。

この後場を代えて近所のゴーシュというバーにいきました。一度行ってみたいと思っていた店です。町屋を使ったバーですが酒の種類も多く、なかなかのお店でした。

ここではそれぞれウイスキーをロックで3杯ほど頂きました。お客様方は他にビールも飲んでいらっしゃったようです。

話も弾み酒も進みました。夜中の2時ころS料理長さんが「時間も遅いし、そろそろ・・」と、ごくまっとうな提案をされました。しかし金沢支社長さんに「まだいいですよね?」と、問いかけられたわが妹がまさかの「いいです。」宣言。

挙句に金沢支社長さん「じゃあ最後にワインを一本飲んでお開きにしますか。」の謎の一本飲み提案にまたしてもの仰天!!\(◎o◎)/

とは言ってもするりと飲んでしまい時間は深夜の2時半を回っていました。機嫌よくご馳走になり別れてようやく家路につきました。


よほどひどい二日酔いになるのではと心配していましたがそんなことにはなりませんでした。ただ、花粉症が悪化したらしく夜中中鼻水が垂れ、おちおち寝ることも出来ません。飲んだ分だけ鼻水になって出て行ったのかも…そんなこた無いか…?とりあえず収支のバランスは取れているようです。

その2日後、当社の青果部を見学に来られた御三方、帰り際に酒屋で酒を物色中のI支配人さんに試飲を勧めるとやんわりと断られました。自分で飲むようにとのご提案です。

そのご返事に「いえ、私最近体調が悪くて酒はあまり飲めないのです…」としおらしくつぶやくと

「ハッ!あんだけ飲んどいて、酒は飲めないって何なんですか~!!」の、S料理長さんの激しいリアクションです。まさにぶっ飛びって感じでした。料理も上手いのかもしれませんがリアクション芸人としてもそこそこ行けそうな…いや、これは失礼しました。

本当に体調は良くなかったのですが、あの日はたまたま少し多めに飲めたというだけです。歳のせいか普通に飲んでいても突然ガッタリと深酔いしたり、たくさん飲んでも平気な日もあって自分でも適量が分からなくなってきています…

S料理長さんは本気で驚いていましたが、長い付き合いの金沢支社長さんとI支配人さんはただ失笑(~_~;)…お2人とも柿市のたわごとには慣れきっているようで…

話は少し飛びますが、このときI支配人さんに渡したはずの『サラメシ』のDVD(当社のまかないを取材されたものです)がなぜか金沢支社長さんに渡り、ブログで誰にも見られたくない映像をさらし者にされ激しく傷ついた私でした(/_;)

妹曰く「金沢支社長さんとはそんな人。あんたの自爆テロや。」だそうです。更に「悪用されるのに決まってるのになぜ渡すのか疑問だった。」とも…悪用…

そこまで情け無用のおふざけ好きとは…しかも渡したはずの相手も違ってますよねっ!

ただ笑って、その後忘れてもらうだけのつもりだったのに(;一_一)

油断大敵!叩き落された奈落の底から恨みのまなざしで見上げた空は冬の金沢の鉛色の空。空も泣いているのだろうか? 筋金入りの雨女はふとそんなことを思うのでした…


加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365
E-mailto:info@kakiichi.co.jp