柿市こぼれ話


2012年4月某日

皆様、いかがお過ごしでしょうか?金沢では遅めに咲いた桜もすっかり散って、そろそろ藤やツツジの季節に移ろうとしています。

当社「柿市商店」でも新入社員が2人入り、連休明けにはもう1名入社してくる予定です。かと言ってさほどの面白い出来事も無かったので、先月の続編ということで昔のオーストラリア旅行の話を載せちゃいます。題して【バンジー跳んだら怒られた】です。

先月は「気球遊覧」の話でしたよね。まったく大変でした。着陸してから気球を畳むのまで手伝わされたのですよ。日本ではあり得ん話です。さて、今月のネタは「バンジージャンプ」です。気球遊覧もやってみたかったのですが、バンジージャンプも是非やってみたいことの1つでした。

私がやると言ったので、他にも2名「飛びます、飛びます♪」と言い出しました。3人で順にトライすることになり、どうしても一番先に飛びたいと言い出した社員にトップバッターの栄誉を譲りました。

ところがこのトンマ、上に上がったきりヒビッてしまって一向に飛ぶ気配がありません。上での様子は逐一モニターで見れるので、ビビリまくりも丸見え状態です。「オー、チッキンハート!」バンジーのスタッフが当社の社員をあざ笑っています。外国人って本当に「チキンハート」とか「オーマイゴッド」とか言うんですね。当たり前ですが、妙に納得してしまいました。

そぼ降る雨の中散々待たされた二番バッターの私は、やる気満々だったのに少しだけ怖くなってきました。むかっ腹が立ったので下から野次ってやりました。
「バカー!根性なしー!とっとと下りて来〜い!」そんな野次さえチキンの耳には届きません。結局、当社のチキンは飛び降りる台の上を行ったり来たり30分以上もうろついた挙句、飛び降りることが出来ずにエレベーターで下りてきました。真っ青な顔で震えています。馬鹿か?そんなんだったら飛び降りるなんて言うなよ!

さて、やっとやっと私の番です。「止めてくれ!」と、まだ幼かった甥が泣いていましたが、かまわずにタワーの上に上がっていくと、先ほどのスタッフがうんざりした顔で私に言いました「あんたもチキンじゃないだろうね?」お生憎様、私は昔から友人たちに『小心者の怖いもの知らず』という矛盾したレッテルを貼られた壊れた人格です。言われるまま、一回で飛び降りました。

思うに、バンジーは『死んでも良いな』と思い切らなければ飛べないような気がします。そして、一番怖いのは飛び降りる瞬間ではなく、手すりも何も無い板の先に進むときです。支えるものの無いことがいかに空虚な状態か、体験してみるのも面白いと思いますよ。少なくてもドキドキします。

飛び降りるときのドキドキが過ぎ去ると、伸びたゴムが又縮んで何度も上下するので、乗り物酔いの酷い私はまたしても気分が悪くなってしまいました。しかも左腕にしていた数珠ブレスレットがどっかにぶっ飛んでしまいました。父が亡くなって以来身に付けていた大切な数珠だったので、ちょっとへこみましたが、起こってしまったことはしょうがありません。

3番めのチャレンジャーは、大変な負けず嫌い。女の私が飛んだ後ですから、負けるもんかとすぐに飛び降りました。

結局、次の班で社長も飛びましたが、チキンの二の舞が怖くて他のチャレンジャーは出なかったようです。この旅行中に社長の数珠ブレスレットが突然切れるというハプニングがあり、私たちは2人とも社長の嫁である義妹に叱られました。彼女曰く「亡くなったお父さんが、あんた達2人のことを怒っとる。」そうです。そうかもしれません、2人とも数珠ですからね・・・

そうそう、私の数珠は戻ってきました。社長がバンジーを飛んだとき、現地のスタッフが「あんたの会社の人が落とした数珠だ。」と渡してくれたのだそうです。ちょっといやみな奴だと思ったけど、結構良い奴だったのかな、あのオージー?

そんなこんなのぶっ飛び青果物業&酒販店の柿市商店は今日も金沢で頑張っております(^o^)丿


加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365
E-mailto:info@kakiichi.co.jp