旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・記憶をすりかえる女】

そぼ降る雨の中、ダンナと二人競うように坂道を登っていく。
登りきった先の美大では飲み友達が待ってくれている。ここ数年あまり足が向かなくなった美大の学祭も、友自慢の息子がパレードで女装したとか聞けば行くでしょ。

学祭二日目の今日は、あいにくの雨。
テントの中のコタツで丸まっている学生は、みんなやる気なさそうにどんよりとしている。そんな中であってもどうしても腰を落ち着けて飲みたい我々は、5人揃って入れそうなテントを探すと、コタツで温まっていた学生を追い出す形で席を確保した。

座ってすぐ学生達の段取りの悪さに唖然とさせられる出来事が起こった。

「日本酒の熱燗」
「あぁ,日本酒の熱燗ですかぁぁ、、、」
「出来んが?」
「まあ出来ると思いますよ。」

(まあ出来るって、メニューに載せておいてそれ?)

もたもたしだした学生にダンナが重ねて質問した。

「出来んがか?」
いや~、今、どうやって熱燗しようかと考えてます。」

(マジか? そこは初めから考えとくべき事やと思うぞ。)

このまま熱燗に拘ったなら腹が立つほど待たされるに違いないので、言い出したダンナには諦めてもらって焼酎の水割りを頼むことにした。

[おでんの盛り合わせ]300円。←(これ、めちゃめゃリーズナブルだ。)
それに対して[焼酎の水割り](まさかの氷なし、検尿サイズの紙コップ)が400円
関西人じゃなくても出るやろ「なんでやねん!」
でたらめな値付けに呆れていると今度は目の前の電球がパンと音を立てて破裂した。雨の影響をもろに受けるところにやばい部分を持ってきた配置には、もはや掛ける言葉もなく笑いが出た。

ほんのちょっと落ち着いて飲みたいだけなのに何もかもに口出したくなるイライラ感と、焼酎の値段がどうしても納得できなくて場所替えすることにした。

N子が次に「行こうよ」と言った屋台は、あの東京タラレバ娘の漫画家・東村アキコさんのテント。
知ってました? 東村さん金沢美大の卒業生で、今、石川のソウルフード「まつやのとり野菜みそ」のコマーシャルにも出演しちゃってる美大生憧れの存在だってこと。
中に入りたい人達がひっきりなしに覗いては空きがないか狙っている。
そんな話題のOBテントにタイミング良く入れた上に、何でもかんでも好きなものが飲み放題で1000円だという。この大盤振る舞いにテンションは一気に上がった。

テントの中には当然東村先生がいて、黒の和服姿でビシッときめてにこやかに接客している。自らお酒を出してくれたり、気軽に記念撮影にも応じてくれるとても気さくな方だった。
どうぞどうぞとすすめられ、調子に乗って高速お代わりしだした我々。

焼酎、焼酎、焼酎、日本酒、日本酒、焼酎、日本酒、焼酎、、、一杯が125円計算になった頃(つまり8杯目)辺りから私の心に異変が起こり始めた。別に1000円飲み放題はこちらが設定した根付でもないし、ただ祭りを楽しめば良かった。
(自分の中にある良心が自分を責め立ててそのために追い詰められる)←これって良心の呵責に苛まれるってやつでしょ。その日の私は、そこにストーンと落ちてしまい、、、

「悪いって」「悪すぎるって」「こんなんダメやって」

こんな私の訴えに全員スルーで談笑している。

「悪いって」「こんなん悪すぎるって」「ダメやて、悪いし」

それはまるでアホなカラスが一人でカーカー騒いでいるかのようだった。
みんなのスルーは続いた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

登ってきた坂道を今度は下って行った。ダンナをお供にあとの三人は置き去りにして。
ようやく自宅に辿り着いた私は、ホッとしてまた酒を飲み始めていた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

翌朝

飲み過ぎた次の朝は【ごはん】が二日酔いを和らげてくれる。白メシをよそおうと開けたジャーの中は空だった。

「え~んなっ、玉かけご飯食べようと思ったんに一粒も米無い!」
「ダッラ、おめ~やがいや、昨日、酒飲んでその後に食うとったわ」
「へっ?」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(ダンナが食いつくしたと思い込んでいた)

ジャーの中の白メシを全部平らげたのも私や

(ダンナが帰りたいと言い出したと思い込んでいた)

友たちを置き去りにしたのも私やわいね

酔った私は、あくまでも[自分は良い子]に記憶をすりかえるらしい

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

友を置き去りにして帰った後で大変な事件が起こっていたことは翌日聞かされることになる。

ごめん、友よ

この事件についてはちょっと書けません・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おまけのお話・コマネチのパンツ

 以下は母との会話である。

「私、マサミ(姉)みたいあんなパンツ嫌ながや」
「どんなんいね?」
「コマネチみたいなパンツ」
「・・・・・」(絶句)
「コマネチのパンツいね」
お母さん、コマネチのパンツって、、、コマネチのパンツは、ちいちょて(小さくて)マサミにははけんやろ」

母よ、コマネチのパンツはいつ見たんや?
姉がコマネチのパンツをはいているのを見たのか?

この話を聞かされた日、運転中に何度も思い出し笑いが込みあげて危険にさらされた私である。


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

[手取川] 大吟醸 斗びん囲 『露燦然(つゆさんぜん)』

酒 酒

限定流通品

お正月にはちょっと贅沢なお酒を飲みたいものです。おめでたい年の始まりですものね。ネーミングも華やかでお正月にピッタリな感じだと思います。

『露燦然』は、大吟醸の”荒走り”のみを槽口で斗瓶取りした完全生酒です。その斗瓶を-10℃の低温で半年以上じっくりと熟成させた逸品です。

酒

みずみずしさ、甘味、香り、全てを存分に楽しめる奥深い味わいです。
ゆっくり、ゆったり、じっくりとご堪能ください。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
兵庫県産 山田錦 40% +3 1.1 0.7 17.3%

石川県白山市安吉町41 <㈱吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)4,536円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)9,072円(8%税込み価格) 個数
酒

 [手取川] 干支(戌)ボトル 純米大吟醸 本流

酒

 2018年の干支は戌です。
瓶とカートンに描かれたワンちゃんは、小型犬ですかね。コロコロとした丸みが可愛いです。

以前、吉田酒造店さんの担当営業Nさんが、

「一周したらとっととやめて欲しいわ。」

などともらしていましたが、とっくにNさんの言う一周、つまり12年が過ぎてしまいましたよ。
このボトル、扱いも大変なので蔵元さんもご苦労が多い商品だと思います。
でも、毎年このお酒を贈ることを楽しみにしている方、贈られるのを楽しみに待っていらっしゃる方がいます。ぜひ、来年もお願いしますよ、吉田酒造店さん!

中身は、手取川さんの原点である本流 純米大吟醸、お料理に寄り添うような味わいです。

原料米 精米歩合 アルコール度
山田錦 45% 15度

石川県白山市安吉町41 <㈱吉田酒造店>

(350ミリリットル詰のみ)1,620円(8%税込み価格) 個数
酒

[御所泉] 純米大吟醸 古都のいずみ

酒

 金沢市内にある蔵元さんですが、注文してから届けてくださるスピードが半端なく速いので、毎度
「こんにちは」より先に「はやっ」と口から出ます 笑笑

このお酒は、しっとりと濃くて蔵独特の複雑な香りが特長です。とてもいいお酒だと思います。毎年、このお酒を買うために必ず柿市に来てくださるお客様がいらっしゃるので絶対に欠かす事はできません。
お正月に飲まれるために、そろそろいらっしゃるはずです♪

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
兵庫県産 山田錦 40% +2~+4 1.0~1.2 15~16度

石川県金沢市御所町イ22-乙 <(有)武内酒造店>

(720ミリリットル詰)3,240円(8%税込み価格) 個数
酒

[能登 末廣] 夢追吟醸 『杜 夢(とむ)』

酒

こちらはかなりレア物だと思います。
見た目も味わいも◎ こんなお酒をプレゼントされたならめちゃめちゃテンション上がります!

毎年、社長がお世話になったお一方に盆暮れの贈り物をします。そのチョイスを任されているのが私。
ある年、このお酒を選んでその方にお送りしました。

「お前、どの酒送ったんや?今までお礼の電話なんてかかってきたことないがに旨い酒やったてわざわざ電話くれたわ。初めてやぞ。よっぽど旨い酒なんやな。」

・・・だ、そうです。お正月にいかがでございましょうか?

原料米 精米歩合 アルコール度
山田錦 40% 17~18度

石川県輪島市鳳至町稲荷町8 <(名)中島酒造店>

(500ミリリットル詰のみ)5,670円(8%税込み価格) 個数
酒

[宗 玄] しぼりたて生原酒 

 濃厚な旨味と甘味の宗玄さんならではの新酒しぼりたてです。

口に含んだ直後は甘さが際立っています。この濃厚な甘さには、根強いファンがいらっしゃいます。甘さが後を引いて、もういっぱい、もういっぱいで空になる感じです。

しぼりたての時季がとうに過ぎた頃、このお酒を探しに探して柿市に来られたお客様がいらっしゃいました。
ちょうど数日前に私が全部やっつけた後で、お互い「言ってくれれば」と笑いが巻き起こりました。

とても濃いお酒なので濃い味付けの物、【すき焼き】とか、【うなぎの蒲焼】とかに合いますよ!
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度
国産米 65% -8 1.5 2.3

石川県珠洲市宝立町宗玄24-22  <宗玄酒造㈱>

(720ミリリットル詰)1,296円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,592円(8%税込み価格) 個数
酒

[菊 姫] にごり酒

酒

菊姫さんの定番季節商品にごり酒。
毎年12月から出荷が始まり、3月頃には季節終売になります。

もろみを練り挽いて荒濾したお酒です。もろみの自然な甘みと旨みが存分に味わえて、とても柔らかいタイプのにごり酒です。

このにごり酒、冷して飲むだけでなく、お燗してみたり、ソーダ割りするのもおすすめなんです。
こうでなければいけない飲み方なんてありません。自由な飲み方でお楽しみください。
こちらは火入れ商品ですが、おいしくいただくためにはぜひ冷蔵庫で保管してくださいね。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
兵庫県産 山田錦 70% 14~15度

石川県白山市鶴来新町タ8 <菊姫(資)>

(720ミリリットル詰)1,080円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,160円(8%税込み価格) 個数
酒

[天狗舞] しぼりたて本醸造 生酒

 安価でありながら安定の味わいで、売る側として安心しておすすめできます。
お酒は手造りです。データー通りに造っていても、その年の気候やお米の出来、etcによって微妙に違ってきます。毎年変わらぬ同じ味わいを造り出すことは容易ではないということです。

しぼりたてのみずみずしさと甘み、絶妙な酸の具合があいまってビシッと味が決まっています。
実は、しぼりたての今の時季だけでなく、1.8Lに関しては年間通して柿市には切らさずスタンバっています。よろしければいつでもご注文下さいね。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
国産米 65% 17度

石川県白山市坊丸町60-1 <㈱車多酒造>

(720ミリリットル詰)972円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,160円(8%税込み価格) 個数

ページの先頭へ戻る