旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・ぐうの音も出ない会話】

最近の楽しみは、[晩酌][テレビ][寝る]この三つに尽きる。
特にこの頃始まったドラマ、面白いの多くないですか?なのですっかり新しく始まったドラマにはまってしまっている私。・・・そんなに楽しみにしてて、ちゃ~んと目を開けて見てたはずなのにストーリーがこれっぽっちも頭に残ってない。

「ねぇ、今日面白い番組ないから昨日のあれもう一回見たい」

なんて言おうものなら娘から速攻で攻撃される。間違いなくやられる。

「はぁ?昨日見たがいね」

「だって忘れた」

「何で忘れるげんて。見とったがいね」

「だって覚えとらん」

「何で覚えとらんげんて、アホやろ、いっつもいつも飲み過ぎねんて」

↑この娘、私に対してとてつもなく厳しい。
ついこの間も朝っぱらからカミナリを落とされた。
学校に提出しなければいけない書類をいつも提出する日の朝になって「書け」と言ってくるので私だって反撃に出てやったのさ。

「何で前の日に渡してくれんが?持って行くその日の朝になってから出すのやめてくれんけ(怒)」

「朝はダメで酔っ払っとらん時に渡せとかって言うけどねっ、

一体オカンの酔っ払っとらん時っていつねんて!

あぁぁぁ、娘よ、返事に困る質問はやめていただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけの話・変わり者

酒屋の仕事の中で酒の発送がある。
これがかなり大変なのである。なぜかと言うと、S急便が最近人手不足とかで集荷時間をどんどん早くしてきたからだ。荷物の集荷時間ギリギリに発送の依頼が入ると店中を走り回って準備しなければならんことになる。なにせほぼ一人で営業している店なので、バックヤードから荷物を下ろしてくるところだけは姉に任せている。そんな分業をもってしても間に合わずアウトになることもあったりして、荷物を下ろしてきた姉をそのまま荷造り要員として借り出すことが多くなっている。

「伝票は後で打つから、とにかくこの荷物にヒモ掛けて送り状貼って。
こっちの荷物も作り始めるし。」

ギリギリの綱渡りをしている妹を手伝い始めたはずの姉がはたと手を止め、言った。

「わたし、オシッコしたいし」

「え~んな、このションベンババア」

誤解しないでいただきたい。こんな風に書くとまるで私は口の悪いただの悪魔かと思われるに違いない。荷造りし始めると毎回のように「オシッコしたい」と言い出されてみ。

姉よ、パンパースでもアテントでもしてくれ、頼みます

ついでに聞いてもらいたい。
姉のこの突然のバックレが【尿意】だけではないってことを。

酒の発送がめちゃめちゃ集中していたその日。10個以上の荷造りを姉の手を借りて進めていた時である。あと、もうちょっとで終わりが見えたところにきて姉が言うのだ。

「私、おなかすいたし、ご飯食べてくる」

へっ?
おい、おい、おい、いま何か言うた?
腹減ったからメシ食うとか何とか言うたように聞こえたけど?
もうすぐS急便のあんちゃんが荷物取りに来る時間やがいね?
3日も4日も飲まず食わずで荷造りさせとるわけじゃないよね。
かなり今緊迫しとる場面や。もうちょっこで荷造り完成するがいね。なんでそんな時になって急にメシとか食おうと思うがか教えてくれんけ~~~

汗だくで荷造りする妹にくるりと背を向けてとっとと一人、メシを食いに行った姉の精神はまともか?まともなのかーーーー?
心配と言うよりも、私にはそんな姉の奇行が不気味でならないのである。


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[宗 玄]全国新酒鑑評会金賞受賞酒
大吟醸 限定原酒 印文字ラベル

酒

ラベルを見てください。
大吟醸 宗玄の下No61の文字がありますよね。これは、宗玄さんが新酒鑑評会において最高位の『金賞』を受賞した回数の16と何か関係あるのか伺ったところ、タンクのナンバーとのことでした。
このようなナンバリングは、日本酒好きの心を激しくくすぐります。

兵庫県産『山田錦』を35%まで磨き、奥能登の伏流水で仕込まれています。
(酒米をどれだけ削ったかの数値)が精米歩合と言われるもので、つまり外側の65%は削り落として芯の35%だけを使っているということになります。最高級の米をここまで削るため、大吟醸はどうしても高価になってしまいます。

しっとり、まったり、じっくりとその高貴な味わいを堪能していただきたい一本です。

正直、マジで旨いです。さすがです。

※生酒ではありませんが、冷蔵庫で保管してくださいね

原料米 精米歩合 アルコール度
山田錦(兵庫県産) 35% 17度

石川県珠洲市宝達町宗玄24-22 <宗玄酒造㈱>

(720ミリリットル詰)6,480円(8%税込み価格) 個数
酒

[天狗舞]生酛(きもと)仕込純米酒

8月3日(木)より

酒

生酛(きもと)仕込を知っていますか?

簡単に説明するとすれば、自然の力を活用した昔ながらの仕込み方で、『山卸』という米を櫂棒(かいぼう)と言う長い棒ですり潰す作業を延々と行うんですが、これがなんとも重労働な訳です。
そんな過酷な作業をして仕込むのは何故かと申しますと、より自然界の味わいが活きてコクを生み出し、濃厚で味の奥行きが深い味わいに仕上がると言われるからです。この仕込み方での酒造りは、今ではとても珍しいんです。
蔵元さんのおすすめの温度は15度程度の[涼冷え]から、45度程度の[上燗]までとのことです。

生酛(きもと)仕込みが醸し出す味わいをぜひ利いてみたいと思います。

原料米 精米歩合 酸度 アルコール度
五百万石 75% 2.4 17度

石川県白山市坊丸町60-1 <㈱車多酒造>

(720ミリリットル詰のみ)1,296円(8%税込み価格) 個数
酒

[手取川]秋 純米 辛口

酒

8月17日(木)より

夏真っ盛りの今、お酒の世界は【秋】のご案内になります。

夏を越えるとお酒は新酒時の尖りが消えて柔らかくなります。
味わいはやわらかで喉ごしは爽やか、鼻を抜ける香りはバナナ系です。安価なのも嬉しい一本。
毎年早々に完売してしまうので、気になる方はぜひお早めに!!
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
麹米・山田錦(兵庫県産)掛米・五百万石(石川県産) 麹米・50% 掛米・55% 16度

石川県白山市安吉町41 <㈱吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,296円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,808円(8%税込み価格) 個数

※ご紹介していながらかなり予約が殺到しておりご希望に添えない場合があります。その場合はご容赦願います。

酒

[常きげん]友禅 大吟醸

8月2日(水)より

石川県限定商品

酒

友禅と言えば【石川】かなって思います。
って、言いながらわたくしの成人式の振袖は「京友禅」でしたけど(~_~;)

酒

どうでも良い話をします、、、
叔父が加賀友禅の作家でして、姉の成人式には叔父の描いた振袖が用意されました。それはそれはすばらしい振袖です。そこにひがみなどみじんも無かったのですが、姉に叔父の友禅で私には用意できなかったことが不憫だったらしく、ばーちゃんがわざわざ京都まで行って買ってきてくれたんです。そんなことしなくても良かったのに、、、申し訳なかったです。ありがとうね。
ばーちゃんが私の為にと選んでくれた京友禅は、自分で言うのも何ですが本当に私に似合いました。

それをあと三年先、我が娘が着る予定になっています。

すっかり話がお酒とは別方向に行ってしまいました。すみません。

酒

この、石川らしいラベルの中身は、大吟醸が入ってます。蔵元さんが試飲の品を用意してくださったので、さっそく利いてみました。
穏やかな香りと癖のないやわらかでスムーズな味わいで、夏にぴったりかな~と思いました。

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
山田錦 50% +4 15度

石川県加賀市八日市町イ6 <鹿野酒造㈱>

(720ミリリットル詰のみ)2,160円(8%税込み価格) 個数

ページの先頭へ戻る