旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・酒の失敗談・私失敗しないので、今回は何故かお弁当のお話です】

JK娘の弁当を作り続けてきましたが、12月をもって無事にそのお勤めを終了しました。

高3の娘は、年明けから半日授業に切り替わるとかで弁当はもう必要ないそうです。

「ラスト弁当まであと〇〇日やよ」と、やたらあおってくるので乗せられてついついキャラ弁など作ってみたりして最後の日まで楽しませていただきました。娘はどうやら私に『今日から俺は!!』今井さんのキャラ弁を作らせようと誘導しているようでしたが、さすがにそこまで高度な細工は近頃目の薄なった私には無理というものです。

で、こんな感じです↓



この私、異常なまでに弁当箱に執着しています。自分の学生時代の弁当に対するトラウマから見た目重視、ちょっと変わった弁当箱を見つけると買わずにはいられないのです。

旦那が言います「おめ~ダラんね~か? 弁当箱ばっか買うて。何個買うたら気い済むげんて」 ん~、確かに「ダラんね~か」と言われれば「ダラんねぇ」とは言えん気がします。

まかない婦(姉)のブログに時々出てくる先代まかない婦(ばあちゃん)がその昔我々三姉弟の弁当を作ってくれていました。母は今も健在ですが、母の作った弁当は一度も食べたことがありません。忙しい母に代わってばあちゃんがずっと作ってくれていました。

ばあちゃんの弁当は最高に旨かった。見た目は最悪でしたけどね。弁当の中身はほぼ茶色一色で、おかずの煮汁がごはんに流れ込んでご飯も茶色です。本に似せたブック型の弁当箱を立ててカバンに突っ込むので汁が教科書にまでしみ込んで異臭を放っていたものです。

おかずは、最高で二品。だいたいが一品でした。おかずが全部『ミートボール』だった日は、絶対に誰にも見られるもんかと異常行動をとったために逆に不審がられバレてしまい、こざかしい男子達から「ミートボールってなぜ丸いんでしょうね~」と言われ続けたことは今でも忘れられません。

八百屋の娘のお弁当には生野菜やフルーツが入っていたことは一度たりともありませんでした。

友達の弁当はというと野菜やフルーツが入ったカラフルなもので、それがとっても羨ましかった私はある日ばあちゃんに抗議しました。

「ばあちゃん、みんなのお弁当こんなんじゃないげんて。カラフルで3つも4つもおがず入っとってすんごいキレイに飾り付けられとるげんからねっ」

前の日にばあちゃんに抗議したことなどすっかり忘れて去っていた私は、弁当の蓋を開けた途端、三尺ほど飛び上がりました。

真っ白なご飯の上にきゃら蕗(煮たフキ)で私のフルネームが・・・・・・・。

名字の[カキモト]に名前の頭の[レ]まで入れて改行されていたのであります。

「やぁ らぁ れぇ たぁ」

今では耳に胼胝ができるほど人様に言いまくっている笑い話になってますけどね。

それでも私の弁当は、ばあちゃん的にはかなり進化させた弁当だったらしいです。姉や兄には肉の缶詰そのままを白ご飯と持たせたり、姉の弁当がバナナひと房の日もあったらしいです。あんたゴリラか。

あ~、ばあちゃんの作る日本酒が酔っ払うほど入ったとっろとろの玉子巻き、
もういっぺん食べたいなぁ・・・


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[加賀ノ月]月光 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

酒

冬季限定販売酒

桁外れの明るさと礼儀正しさを持った加越さんの蔵人・奥田さんが、今年も試飲用のボトルを手にこの子の出来を熱く語っていかれたようです。

奥田さんから説明を聞いた姉によると今年のこの子は例えるなら『ひかる一平』だそうです。

『ひかる一平』さんには大変申し訳ないのですが、それ言って分かって笑っとるがおばちゃんだけやし。
奥田さん、すみませんが味わいを『ひかる一平』に例えられてもまったくもってわかりませんが、

試飲にいただいたこの子は、目ん玉を引ん剝いて「んまっ」が飛び出しました!!

こんな値段で、この味とは。恐れ入りました。
要らんやろうけど杜氏さんにおばちゃんからチューを一つ送ります(*´з`)

(要冷蔵)

酒
原料米 精米歩合 アルコール度
石川県産 五百万石 50% 17%

石川県小松市今江町9-605 <(株)加越>

(720ミリリットル詰)1,650円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)3,240円(8%税込み価格) 個数
酒

[夢 醸]金箔入純米生酒

酒

冬季限定販売酒

金箔と言えば金沢、その[金澤金箔]が入ったしぼりたて純米生酒です。

甘辛のバランスがちょうどよく、フレッシュな香りとキレの良い旨みが特徴のこのお酒は、新年の宴を必ずや華やかに演出してくれるはず。

透明なグラスで召し上がってください。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
五百万石 60% 15%

石川県能美市宮竹町イ74 <(株)宮本酒造店>

(720ミリリットル詰のみ)1,512円(8%税込み価格) 個数
酒

[大江山]しぼりたて生酒

季節限定酒

木製の槽(ふね)で搾られたばかりのお酒を、オリが下がるのを待って静かに瓶詰されました。

一切の加熱処理をせずに詰められた新酒らしい華やかな香りと、とろみを感じる濃厚な味わいが特徴です。アルコール度が20度近くあるので、氷を入れてロックもおすすめです。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
石川県産 五百万石 68% 19%から20%

石川県鳳珠郡能登町松波30-114 <松波酒造(株)>

(720ミリリットル詰)1,296円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,592円(8%税込み価格) 個数
酒

[獅子の里]純米吟醸生酒 無垢(むく)

季節限定酒

新酒の一番しぼり『無垢(むく)』は、うっすらとおりがらみのフレッシュで穏やかな純米吟醸生酒です。

個人的にこのおりがからんだっていうのがたまらなく好きです。なんか、しぼったまんま~って感じがワクワクします。透明グラスのちょい大きめでおりを観察しながら飲むのが私流です。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
広島県産 八反錦 60% 16%

石川県加賀市山中温泉冨士見町オ50 <松浦酒造(有)>

(720ミリリットル詰)1,900円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)3,800円(8%税込み価格) 個数
酒

[菊 姫]山廃純米 無濾過生原酒

酒

季節限定酒

菊姫さんのお酒のほとんどが兵庫県三木市吉川町産 特A地区の山田錦を使っています。

もちろんこちらもそうです。丁寧に育成した山廃酵母を使って仕込まれた菊姫さんらしい濃厚な純米酒で、その若さ、荒々しさを楽しむお酒です。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
兵庫県産 山田錦 70% 19%

石川県白山市鶴来新町タ-8 <菊姫(資)>

(720ミリリットル詰)1,944円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)3,672円(8%税込み価格) 個数
酒

[宗 玄]初しぼり石川門

季節限定酒

今期から原料米も兵庫県産『山田錦』から石川県産『石川門』に変わって、ラベルもそれに伴いがらりと一新されました。前はかなりド派手な金色のラベルでしたが、奥ゆかしさにめでたさがプラスされた石川らしい水引模様になっています。

芳醇な米の味わいと程よい酸味で後切れの良い感じに仕上がっているもようです。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 酸度 アミノ酸度 アルコール度
石川県産 石川門 65% 1.7 1.4 17%

石川県珠洲市宝立町宗玄24-22 <宗玄酒造(株)>

(720ミリリットル詰)1,458円(8%税込み価格) 個数
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格) 個数

ページの先頭へ戻る