旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・言うだけ言うといて忘れ去る】

すでに恒例となりつつある酒屋のお客様との飲み会が猛暑の中、決行されました。
東京在住のこの方と不思議なご縁で飲み友達になった話は長くなりそうなのでカットするとして、初めは[お客様]、[姉]、[私]の3人でスタートした飲み会メンバーが、ここ数年でお客様の仕事仲間が2人増えて5人になりました。
前回からメンバーに加わった方が石川の漁師町七尾出身で、地元に漁師の友達がいると言ったことに真っ先に食いついたのは姉でした。

姉は『貝 類』が好物です。
皆さんはご存知ですか? 石川県の七尾で採れる【トリ貝】を。その大きさには度肝を抜かれるはずです。一枚が大人のこぶしの大きさを軽く超え、しかもかなりな肉厚です。知り合いの魚屋さんにお願いしてようやく手に入ったとしてもその高額にワナワナします。【トリ貝】1枚、たった1枚がなんと1000円以上します。

「七尾出身なら石崎(いっさき)の【トリ貝】は手に入るのか」そう言い出したのは姉でした。


石崎(いっさき)の【トリ貝】です。
携帯と大きさを比較してください。
言い出しといて姉は自立歩行も危なっかしいほど激しく酔っ払ってしまい、自分が相手に叩きつけた話題などまるっと忘れ去ってしまったようです。

今回、「例のものをお持ちしました」と誇らしげに言う彼の言葉に無反応だったのは姉だけです。
(いったい何のことや?)と間抜け面の姉です。

「全く記憶が無いって、、、たちの悪い政治家みたいじゃないですか」と小声で言った彼は、約束通り漁師の友人に頼んで採れたての【トリ貝】を用意してくれた上、店のマスターに交渉してその調理もお願いしてくれていました。出てきたそれはビジュアルだけで圧倒されました。 

石崎(いっさき)の【トリ貝】
半端ねーーーっ


貝殻から外したばかりの刺身は、
つやつや、ツルツルです。

貝殻から今、外したばかりのそれは透明感とツルツル感が桁外れにこれまでのものと違いました。刺身皿の上でまだグニョグニョ動いていましたから。
ただ、もう【トリ貝】の漁は終わりで、本来の驚くべきサイズの物は採れなかったそうです。

日本酒と【トリ貝】の刺身、【トリ貝】の醤油焼き、も~最高!たまらんですわ(^0_0^)

結局、最後の最後まで

「おめ~の持ってきた石崎の【トリ貝】が食いたいんだよ。わかるね。」

的なことを言うだけ言うといて、そこんとこをバッサリと忘れ去ったままの姉でございました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

おまけの話・どす黒い顔して

七尾出身の彼に「一体どれだけ飲めるんですか」と、呆れの一言を浴びせられた割にはほぼ普通な朝を迎えた私です。でしたが会社に着くとノーメークで、しかも化粧道具も忘れてきてしまったことに気付かされました。

「しまった、化粧道具も忘れてきた。こんな汚い顔で店におるわけにいかん。マサミ(姉)、ファンデーション貸してくれ。」

「ファンデーションくらいあるけど、あんたいつもとひとつも変わらんぞ。誰も気い付かんわいね。」

「お母さんの洗面所にあるから使うまっし。」


手の甲にのせた
母から借りたファンデ

こうして母のものを借りることになったわけですが、、、

借りといてこんな失礼なこと言うのもなんですが、これ黒ないか?

あのお、わたし、白雪姫みたいに色白いがいね。
これ塗ったらまんでラッツ&スターやん!!

しゃーなし、どす黒い顔して一日店頭に立ったわたくしですぅ(・_;)


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[日 榮]平成三十年 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

酒

こちら、全国新酒鑑評会で栄えある金賞を受賞されたお酒です。
当然、旨いに間違いないはずですが、長年の勘というのでしょうか(?)外箱からもなにやら絶対に旨いであろうオーラが出ている気がしました。
・・・で、姉が買ったのをちょこっと飲ませてもらいました。

「あぁぁぁ、やっぱ旨い! 間違いない。」

清清しい(きよきよしい 笑)甘さがスルリと舌の上を流れていきました。香りはまんまリンゴです。
こりゃあ傾ける手が止まらない予感がします。
日本酒度を見ても甘口の数値に片寄ってはいますが、瑞々しさが際立っているのでまったくしつこさを感じません。むしろこの甘さはなくてはならないものに思えます。

※火入れ商品ですが、冷蔵庫での保存をおすすめします。

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
山田錦 40% -3 1.5 16度

石川県金沢市長土塀3-2-15  <中村酒造㈱>

(720ミリリットル詰のみ)6,480円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[神 泉]純米吟醸 BLUE LABEL(ブルーラベル)

酒

この夏新発売になった純米吟醸酒です。

新しい物には興味津々のわたくし、もちろん飲んでみましたよ(←姉に買わせてね)

まずは香りのチェックです!やわらかな吟醸香は、リンゴ系ですね。
味わいは辛口ではありますが、ほのかな甘みがちょうどいい具合に感じられます。神泉さんらしい旨味もあって、しかもキレが良いのでしつこくありません。さらっとして飲みやすく、いい感じです!

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
五百万石 60% +2 16度

石川県小松市野田町丁35 <東酒造㈱>

(720ミリリットル詰のみ)1,728円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[宗 玄]平成三十年 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

酒

こちらも、全国新酒鑑評会で金賞をみごとにゲットされたお酒です。

兵庫県産「山田錦」を35%まで磨いています。その「山田錦」と奥能登の伏流水を使って能登杜氏の最高の醸造技術を傾注し精魂込めて醸しあげられております。
フルーティーな香りと軽快な口当たり、芳醇な旨味の奥行きの深さをじっくりとご堪能下さい。

※火入れ商品ですが、冷蔵庫での保管をおすすめします。

原料米 精米歩合 アルコール度
兵庫県産 山田錦 35% 17度

石川県珠洲市宝立町宗玄24-22 <宗玄酒造㈱>

(720ミリリットル詰)6,480円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[天狗舞]生酛仕込純米酒

8月上旬より発売開始

昨年度、なかなかの好評だった生酛(きもと)仕込の純米酒が今年も数量限定で、しかも1.8L詰めも新たに発売されることになりました。

まずは、生酛(きもと)仕込って何(?)って疑問にぶちあたりますよね。
・・・簡単に言うと、自然界の力を活用した昔ながらの日本酒の造り方で、山卸(やまおろし)というお米をすり潰す作業を行わなくてはならない大変な仕込み方な訳です。
そうやって仕込むことによって[複雑][野性味][自然の力]を感じる味わいになると言われています。
ではありますがこのお酒、生酛(きもと)仕込らしからぬ穏やかさがあってそのギャップが良いのかな~と思います。冷やし過ぎず、15℃から45℃程度の上燗がおすすめです。

原料米 精米歩合 酸度 アルコール度
五百万石 75% 2.4 17度

石川県白山市坊丸町60-1 <㈱車多酒造>

(720ミリリットル詰)1,404円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,808円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[手取川]秋 純米 辛口

8月17日(金)頃より出荷開始

夏真っ盛りの今、秋酒の発売が始まりました。

コストパフォーマンスの高さもあって毎度あっという間に完売してしまう人気四季シリーズの、
今回はです。

新酒はひと夏越えたこの時季になると、そのフレッシュさにまろやかな丸みとあじわいの深さが加わってきます。香りも膨らんできてますよ~。バナナ系の香りがします。
ただ、冷やしすぎると味わいが細く感じられるので10℃から15℃くらいで召し上がってくださいね。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
麹米/兵庫県産 山田錦
掛米/石川県産 五百万石
麹米/50%
掛米/60%
16度

石川県白山市安吉41 <㈱吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,350円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

ページの先頭へ戻る