旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・「かやらんや、かやらんや」】

「かやらんや、かやらんや」

スキー場に向かう車中で急ブレーキに全員がつんのめった時、最近すっかり耳にしなくなったこの金沢弁を口にしたのはまだ未就学児(友人の息子)でした。

オールドな金沢人は【ひっくり返る(転ぶ)】ことを【かやる】と言います。
「かやらんや、かやらんや」を標準語に直すと「ひっくり返るじゃないか、ひっくり返るじゃないか」って感じですかね。

これってうちらのじーちゃんばーちゃん世代の金沢弁でして、それを幼子の口から聞かされた我々は『おったまげ』、その笑いで悶絶しました。
さすが三世代同居、しかも4人兄妹の大家族で育った兵(つわもの)です。

あれから随分と時が経った今でも思い出すと笑いが込み上げてきます。
この話をふと思い出して姉に聞かせると、プルプルと震えながら笑い続けていました。

私の周りには酒をよ~け(沢山)飲んで【かやる】人物が2名います。

友人N子とウチのダンナです。この二人には背もたれ無しの椅子は危険すぎて向かわすことが出来ません。真後ろにぶっ倒れる確率ほぼ10割なので、宴が始まる前に彼らには背もたれ付きの椅子があてがわれます。

以前この失敗談に載せた話になりますが、[N子]と[姉]と[私]という不思議なメンバーで飲みに行ったことがあります。
いつもならN子には椅子の配慮があったはずですが、その店には背もたれつきの椅子が存在しませんでした。肩と肩が触れ合うカウンターだけのコンパクトな店で真後ろにぶっ倒れようたってそれはかなわぬ事に思えました。

あの日をしみじみと思い返してみるのですが、どうしてもどうしても理解不能な出来事がそのときに起こったんです。
「あ~あ~あ~」とターザンのように叫んでN子が真後ろにぶっ飛んでいったのは道路でした。
そう、閉まっていたはずの店の戸口からぶっ飛んでいってすっ転がっていたのが道路の真ん中だったんです。

What happened?(一体何が起こったの?)

『溺れる者は藁をも掴む』とはよく言ったものです。
道路にちんぶり返った(でんぐり返った)N子のその手には、姉のどこかしらからむしり取っていったバックがしっかりとにがまれて(掴んで)いました。

どうやって一瞬にして外に出て行けたのか(?)、名探偵コナンでも呼んでこなければ到底解決しそうにありません。

 

どうやら【かやる】人達はどのような状況であってもちゃ~んと【かやる】ことになっとるようです。

 

あ、ご覧下さい。これはもう一人の【かやる】達人、我が夫です。
ついこの前のBBQ中の映像ですが、背もたれ付きでもこの有様ですから・・・

「かやらんや、かやらんや、ってか、
もう かやっとるがや」


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[手取川]夏 純米 辛口

酒

夏季限定

この4月に搾ったばかりの辛口純米で、新鮮さを保持する為に一回のみの瓶火入れとなっております。

「日本の豊かな四季を、酒を通して味わっていただきたい」との考えの下で醸された、ビンやラベルといった見た目にもこだわった四季シリーズの『夏』バージョンです。

口に含むとフルーツの香りがしました。(ん~、この香りはバナナだな(^0_0^))
初々しさ、新酒独特のかすかな渋みも感じます。しっかりと濃いのにしつこくない、夏にぴったりのキレのよい辛口に仕上がっています。
夏の食材と一緒にお召し上がり下さい。

※一回火入れですが、保存はぜひ冷蔵庫でお願いします

原料米 精米歩合 アルコール度
麹米/兵庫県産 山田錦
掛米/石川県産 五百万石
麹米/50%
掛米/60%
16度

石川県白山市安吉町41 <㈱吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,350円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

[加賀ノ月]虹 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

酒 酒

夏季限定
暑い時期に飲んでみたかった、
袋しぼりの生原酒を。
寒い時期に味わったあのふくらみは、
今の季節にはどう感じるのだろう。
ただ飲んでみたかっただけ・・・

ただ素直に「冬場に飲んだ旨味ある生酒を夏に飲みたい」という造り手の思いから、
春に搾った純米大吟醸をそのまま冷蔵貯蔵し、夏季限定で発売されました。

「ぜひ試飲を」と、いただいたこのお酒は、ほんのりとヨーグルトを思わせる香りを放ち、
フレッシュさとやわらかな甘みにうっとりする味わいに仕上がっていました。
生原酒なのにこのみずみずしさ、夏にピッタリです!!

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
兵庫県産 五百万石 50% +4 1.5 17度

石川県小松市今江町9-605 <㈱加越>

(720ミリリットル詰)1,944円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

※本来は720MLのみですが1.8Lご希望の方にも対応できます。

酒

[萬歳楽]彩光(さいこう)純米吟醸

酒

5月25日(金)発売

小堀酒造店さんから新発売の案内が入りました。
言われて考えてみると小堀酒造さんの【純米吟醸酒】で火入れ商品って言えば『森の吟醸蔵』でしたが、そちらは今後終売となってこれからはこのお酒が定番商品に切り替わります。

地元白山麓の酒米[晩植五百万石]、白山の清らかな伏流水、[金沢酵母]、この組み合わせで醸されています。心地よい吟醸香とほどよい旨味。あと味がきれいで軽快な風味に仕上がっております。

ネーミングは、白山の御来光をイメージして命名されています♪
思いっきり透明瓶ですが、しっかりカートンで保護されているので安心です。

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
石川県産 五百万石 60% +6 1.5 1.0 16度

石川県白山市鶴来本町1丁目ワ47 <㈱小堀酒造店>

(720ミリリットル詰)1,782円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,564円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[萬歳楽]純米吟醸 生原酒

6月6日(水)発売

(どこかでみたことあるよーな、ないよーな)と、ピンときた方はいませんか?

こちらは昨年まで新聞紙で巻かれてその上にこのラベルが貼ってありました。
新聞紙巻きの日本酒はどこか秘密感があってそそられますが、その下はのっぺらぼうってのはいささか淋しいものです。今度はすっかり真逆の透明瓶で丸見えになりましたよ。

[晩植五百万石]を使用する訳は、稲穂の登熟期には日較差5℃以上が好ましいと言われているためで、通常よりも一ヶ月遅く田植えをして収穫もわざと遅くしています。

芯の通った、キレの良い味わいを持つ生原酒、キンキンに冷して、もしくはロックでどうぞ。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
石川県産 五百万石 55% +9 1.6 1.0 18度

石川県白山市鶴来本町一丁目ワ47 <㈱小堀酒造店>

(720ミリリットル詰)1,944円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[夢 醸]無濾過 純米 生原酒

酒

11月初旬に瓶詰めし低温貯蔵されていた限定流通品《無濾過生原酒》を、味わいに落ち着きが出てくるこの時季まで待っての発売です。

【たったお二人で精魂込めて仕込んだ、手造りの旨酒です・・・よろしくお願い申し上げます。】

いただいた案内にそう書かれています。そんなこと知ったら絶対買うやろ!(^^)!
・・・で、もちろん買って飲んでみました。
しっかりと熟成していて奥に甘みもある、しっかりと重みのある味わいです。ロックも良さそうです。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
五百万石 60% 18度

石川県能美市宮竹町イ74 <㈱宮本酒造店>

(720ミリリットル詰)1,512円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,020円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[奥能登の白菊]夏越酒 純米にごり

酒

6月1日(金)発売

「夏越酒」「なごし」は、一年のちょうど半分にあたる6月30日に半年の穢れ(けがれ)やこれから迎える夏の時期の疫病、この後の半年の災厄を祓う(はらう)【夏越の大祓い】から命名されています。

その味わいは、にごり酒でありながらさらりと飲める。かといって夏酒にありがちな薄さもない!
そしてなんと蔵元さんからのおすすめの飲み方は【お燗】(45~55度)が良いらしいです。

あっつい最中にあっついにごり酒を飲んでる人がいたら(ぜってーこいつただもんじゃねーな)って思います 笑笑

「夏越酒 純米にごり」で、半年の厄払いと来る夏を元気に乗り切ってくださいね。

※火入れ商品では有りますが、保管はぜひ冷蔵庫でお願いします

石川県輪島市鳳至町上町24 <㈱白藤酒造店>

(720ミリリットル詰)1,620円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,240円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

ページの先頭へ戻る