旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・こんな会社さんは初めてです】

雪かきの後遺症で肩甲骨が異様なまでに痛みます。

柿市の前の道路でスッ転んで胸骨にヒビが入ったらしい姉の元に、姉のブログを熱心に見てくださっているお得意様が大量の湿布を送って下さいました。なんとまたありがたいお話です。目下、そのおこぼれをいただいてわが身に貼らせていただいてるわけですが、この肩甲骨辺りは最も手の届きづらい場所なのでございます。3枚のはく離ビニールの2枚を剥ぎ取って肩越しに勢いをつけてパチ~ンと叩き付けます。毎回ぐっちゃぐちゃになりますけどね~。

厚着しなくてよい季節なら出勤してすぐ母に頼んで貼ってもらえるのですが・・・

「湿布貼って。手羽先に。」

ここで話は急に変わります

母が以前入院した時に医者様が「どこか痛むところはないですか」と母に尋ねたのだそうです。母が答えます「手羽先が痛いです」と。「・・・人間には手羽先はありませんけどね」と言われたという話を聞かされた時、(しまった)と思いました。かなり天然の母です。私が毎回【手羽先】を連呼したことで頭にすり込まれてしまったのでしょう。
まさか本当に【手羽先】があるとは思っていないはずです・・・・・・が・・・。

前置きが長くな過ぎりましたが話を続けます

雪かきから開放され、ようやく春の日差しを感じるようになったつい先日のことです。ダンナがボソリと言いました。

「今年、会社の旅行ねーげんな(ないんですね)」と。

そんなこと知りません。その問い掛けは社長にして下さい。

ただ【うづんだかきゃ潰れたとも言うてこん】ところをみると無いってことでしょう。
                ↓
この言葉の意味は、【ぽたぽたになった柿が潰れてしまったとも言ってこない】
・・・どういうことかと申しますと、(なんの連絡もしてこない)という意味のディープな金沢弁です。

今年はあたたかいところへは連れて行ってもらえない感じなので、一年前の楽しかった旅の話をちょっとだけします。

社長がそのご褒美旅行を発表したのは一昨年前の話です。でもこのサプライズ、希望者があまりにも少ないことで心が折れた社長が無かったことにしてしまいました。行く気満々だった社員(私も含め)は、超がっかりしました。ところが翌年になって今度は「希望者がどんなに少なくても決行します」とビックリ宣言して急展開したのです。

とんとん拍子に事が運んで、タイトな人数でそれは決行されました。
行かなかった人、行けなかった人には申し訳ないのですがこのタイトな人数がどこへ行くのも良かった気がします。そしてほとんどが古参社員で、気の知れた者同士めっちゃ盛り上がりました。

これは柿市の旅行の全てに共通する話なのですが、目的地に着く前から飲むわ食うわの大散財になります。飛行機に乗ってしまえばすぐに機内食が運ばれてくるのですが、当社の社長機内食が嫌いです。
「乗る前に旨いもん食って、機内は寝ていこう!」と掛け声が掛かって飛行機に乗る前から酒盛りが始まりました。

みんなビールや焼酎を頼む中、私がオーダーしたのはもちろん日本酒!これが目からウロコの旨さでした。「旨っ、旨っ」と連呼したので飲みなれない日本酒に移行した者も出てかなり飲みまくったはずです。添乗員が代行して支払った酒代の額に目をひんむいて

「社長、こんな金額になってますけど・・・」と、困惑した顔で報告していました。なにしろまだ出発もしていないのにこの有様です。

ご機嫌な柿市一行はバスに乗り込んで搭乗ゲートへと向かうのですが、ここで一人けが人が出てしまいました。酔っ払ってバスのステップを踏み外したH社員が血まみれになってしまいました。

NIKEのズックの一部がまるで初めから赤かったかのように血で染まっているのがわかりますか? 沢山お酒を飲むと血も止まりにくくなるんですよ、皆さん、ご用心下さいね。

実はこの時バスは柿市社員の貸切状態でしたがドアが閉まる直前になって若い女性グループが乗りこんできたのです。彼女達の会話に一同は固まりました。

「ねえ、このバスなんかすんごくお酒臭いんだけど」

「思った、思った、臭い、すごく臭い。誰?」

「誰?」って聞かれれば「全員」でしょうか。腹の底からグフグフと笑いが湧き上がってくるのをみんな堪えていました。彼女達には自分達以外すべて同じ会社の社員だなんて知る良しもありません。

この後、無事に目的地へ到着し、食事の度に毎度毎度大宴会となりました。
添乗員が

「こんな会社さんは初めてです。写メって広報誌に載せさせてもらえませんか」

と言うほどの贅沢三昧グルメ旅行でした。てか、食べ過ぎ飲み過ぎ旅行でした。
全員が出発前に比べてピッグ・・・ビッグになったのも仕方ありません。

おしまい。


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[天狗舞]おりがらみ純米大吟醸 生酒

数量限定品(1,200本予定)

春を待ち望む今、このラベルを見ると(紹介するのはこれ!)と思ってしまう一本です。
この時季、かなりの頻度で出演していただいているはずです。
お酒を選ぶ時、顔(ラベル)で選ぶことも有りだと思いますが、こちらお顔だけでなく中身もベッピンさんなのでご安心下さい。うす~くおりがからんでいるので透明なグラスで目でも楽しんでいただきたいです。

辛口酒を探して来店される方が本当に多いんですが、日本酒には甘みもなくてはならないものだと感じています。このお酒は辛口と言っても辛すぎることなくみずみずしい甘みも現れて、心地よい酸味も良い感じです。
春の食材を使ったお料理、【菜の花のおひたし】【春の山菜の天ぷら】【筍の木の芽和え】【鰆の西京漬け】などなどと一緒にどうぞ。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
山田錦 ほか 50% +3 1.4 16度

石川県白山市坊丸町60-1 <㈱車多酒造>

(720ミリリットル詰のみ)1,944円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[奥能登の白菊]純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま

白菊さんの看板商品である純米吟醸、その、しぼったまんまのそのまんまを瓶詰めしたものです。
火入れも濾過もされていないこのお酒は、オリが絡んだ今の時季だけの超限定品です。
こちらがお願いした分だけを詰めてくださるので「旨すぎるから追加!」と言っても手遅れな訳です。

欲を出して沢山仕入れたいところですが、季節の間に完売することが酒屋としては理想です。
そんな訳で旨いのにタイトな仕入れなので気になる方はお早めにどうぞ!!

酒

(※ このお酒のオリ引きした無濾過生原酒も同額で在庫しております。)

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
国産米 55% 16度

石川県輪島市鳳至町上町24 <㈱白藤酒造店>

(720ミリリットル詰)2,160円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)4,320円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[手取川]春 純米 辛口

吉田蔵の会 会員店だけの限定商品

酒

手取川さんの人気商品、四季シリーズ【春】です。
入荷したその日に我慢できず買って姉と二人でいただいてみました 笑笑
これまでの【春】より辛口に仕上がっていると思います。名前に辛口と謳っているのですからそれが正解でしょうね。
伸びやかですっきりとした辛口の中に、上品な甘みが見え隠れしています。うす~くにごって、まるで春の霞のようです。

酒

手取川さんの味わいグラスでいただくのがベストかと思われます。
ちなみにこの味わいグラス、当店でも販売しております(税込324円)
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
麹米/兵庫県産 山田錦
掛米/石川県産 五百万石
麹米/50%  掛米/60% 16度

石川県白山市安吉町41  <㈱吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,350円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[獅子の里]純米吟醸「絆」しぼりたて生

3月4日より出荷開始 数量限定品

今回初めてご案内をいただいたので、まだ味についてのコメントは出来ませんことお許し下さい。
秋の限定酒「秋あがり 純米吟醸 絆」は、しっかりと濃い目の辛口だったので、しぼりたても恐らくしっかりタイプかと想像しております。

絶対【獅子の里】しか買われないあのお客様にさっそくお知らせせねば・・・。
きっとマッハで買いに来られることでしょう ww

(要冷蔵)

原料米 精米歩合
広島県産 八反錦 60%

石川県加賀市山中温泉本町2-ソ1 15 <松浦酒造(有)>

(720ミリリットル詰)1,900円(8%税込み価格)《完売》
(1.8リットル詰)3,800円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[長生舞]しぼりたて生酒

数量限定品

注文した後で驚いたのはその限定本数です。720MLが360本というのもかなりな限定だと思いますが1.8Lはなんと24本限定となっています・・・・。まじか・・・。

お米は久世酒造さん独自の【長生米】を使用し、仕込水は霊水 清水(しょうず)の湧き水とのことです。
アルコール度数は20.8度もあるので、ガッツリと濃くてしっかりとしたコクの「ザ・お酒」本醸造生酒です。

酔えば酔うほど濃いお酒を欲するわたくしにピッタリかと 笑

酒

(※同額で【うすにごり酒】もございます。)

(要冷蔵)

原料米 日本酒度 アルコール度
長生米 +10.5 20.8度

石川県河北郡津幡町清水イ122 <㈱久世酒造店>

(720ミリリットル詰)1,296円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,700円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[能登路]しぼりたて生酒

数量限定品

こちらは久世酒造店さんのもう一つの銘柄【能登路】のしぼりたてです。
限定本数は、1.8Lが30本、720MLが470本とのことです。上記の【長生舞】と比べてみたいと思います。

【長生舞】 【能登路】
本醸造の生酒
仕込水→霊水 清水の湧き水(軟水
アルコール度→20.8度
日本酒度→+10.5
純米の生酒
仕込水→自社地下水(硬水)
アルコール度→19度
日本酒度→+4.5

【長生舞】と【能登路】、個人的には濃ゆい【長生舞】についつい手が伸びますぅ。

酒

(※同額で【うすにごり酒】もございます)

(要冷蔵)

石川県河北郡津幡町清水イ122 <㈱久世酒造店>

(720ミリリットル詰)1,625円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,290円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[萬歳楽]純米生酒

酒

3月7日発売

スッキリとした印象の新ラベルになりました。
地元白山麓産の「晩植五百万石」と白山の清らかな伏流水で丁寧に醸された純米の生です。

[穏やかにふくらむさわやかな香り。なめらかな口当たりとのどごし。上品なうまみとキレのあるフレッシュな純米生酒です。]と、蔵元さんからの商品説明に書かれております。

欲張りなまでに旨いお酒ってことですね。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 アミノ酸度 アルコール度
白山麓産 五百万石 60% +5 1.6 16度

石川県白山市鶴来本町1-ワ-47 <㈱小堀酒造店>

(720ミリリットル詰)1,560円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,132円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》



[石川の地酒歳時記 春 飲み比べ 3月9日より販売します]

ページの先頭へ戻る