旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・[娘、あの山本杜氏と語る]の巻き】

手取川(吉田酒造店さん)の山本杜氏が『近江町市場』でのお買い物のついでに柿市へ立ち寄ってくださった。お茶で一服しているところにウチの娘が来て鉢合わせた。

「杜氏さん、ウチの娘です」

「こんにちは~」

「あっりゃ~、お母さんに似て美人やて言われるやろ」

(大丈夫です杜氏さん。親子共々持ち上げていただかなくとも自分達の立ち位置ぐらい知っております。)

「こちらは、オカンがいつも飲んどる『手取川』さんのお酒を造っとる一番偉い方やぞ」

「あ~、いっつも飲んでます」

「おかあさんな、でっかいこと(沢山)飲んどれんろ?」

「はい、めっちゃ、でっかいこと飲んでます。こうやって。」

娘が、一升瓶を持ち上げて瓶ごとラッパ飲みするジェスチャーをした。

ほんながにして飲んどらんか(そんな風にして飲んでいるのですか)」

杜氏、腹を抱えての爆笑である。
娘よ、そのオーバーリアクションはシャレにならんぞ。
まったく・・・・。
まだ保育園に通っていたころからウチの娘はやってくれた。
佐川急便のイケメンが荷物を取りにきた時、す~っと彼の前に出て突然言いやがった。

「この人、いっつもお酒ばっかり飲んどる」

あの時も爆笑されたんだよな~。

娘曰く

「とにかく母親が食卓に日本酒の一升瓶立てて飲んどる家は無いわ、ウチの知る限りでは」

だそうです。そ・な・の?

おまけの話・ウチのばあちゃん

【その① 夢も希望もない】
クリスマスの前夜に家中で一番でかい靴下を探して枕元に置いて寝た。目覚めたらプレゼント・・・のはずが、ばあちゃんのがなり声で目覚めることになる。

「こんなきったない靴下枕元に置いて!洗濯カゴにでも入れとくまっしまん」

幼心の夢も希望もぶっ壊された哀しい朝だった。

【その② 動じません】
ばあちゃんを驚かそうと、ゴムで出来たフランケンシュタインの被り物で出没した姉。

「なんや雅美(姉)、パックしたがか?」

ばあちゃんまったく動じず、普通に会話してきた。
驚かそうとした姉の方がびっくらこかされた出来事である。

【その③ 言い訳】
結構な年齢まで柿市の注文の電話に出ていたばあちゃん。
床に置いたメモ帳に尻をおっ立てて注文を聞くうち、ちょっとした拍子に屁が出た。
注文どころではなくなったばあちゃんの言い訳がこれだ。

「なーも、孫が近くにおって私をわろわかすがです(笑わせているのです)」

(おいおい、ばーさん、あんた自分で屁をこいて、自分で笑っているだけやろーが?)

【その④ 度肝を抜く言葉】
ばあちゃんは、シャレの効く女だった。それは、晩年になっても衰えることがなかった。
柿市の食堂にケアマネージャーが来た時の事。
ケアマネの前でばあちやんがふいによろけて転びそうになった。その時発した衝撃の言葉がこれだ↓

「もうちょっとでダンナさんの大事なところにつかまるとこやった」

度肝を抜くばあちゃんの発言に、母と姉はただただ赤面し、絶句したと言う。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ふと、亡くなったばあちゃんの事を考えていて色々思い出した出来事です。
失礼いたしましたm(__)m


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[加賀ノ月] 『虹』純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

今年も柿市に『虹』が入荷しました!!

 もろみの入った袋を人の手で一つ一つしぼって詰めた大吟醸です。
機械で一気にしぼれば、安定して大量にお酒をしぼることが出来ます。なのに何故わざわざ大変な思いをしてまで手でしぼるのかと申しますと、繊細な味わいや、その香りを大切にするなら手しぼりが最適だからです。そんな手間隙かけた大吟醸がこのような価格で味わえるとは嬉しい限りです。

「どうして袋しぼりの大吟醸がこんな価格なんですか?」

と、聞いた時の答えは、

「自分がしぼってるんで、、、」

ん~ん、あくまでも謙虚でいらっしゃいます。

トロリと濃いのにみずみずしくもある手しぼりの味わいを、ぜひお試しあれ!
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
山田錦 50% +5 1.6 17度

石川県小松市今江町9-605 <㈱加越>

(720ミリリットル詰のみ)1,944円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[獅子の里] 夏純米 『Oryzae(オリゼー)』

 オリゼーとは日本の国菌である【アスヘルギルス・オリゼー】のことで、日本酒を醸すための糀カビの名前です。
このお酒はワイングラスが似合う、白ワインにも似た味わいの純米酒です。
アルコール度数も15度と軽めなので少し冷して召し上がっていただくと良いと思います。

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
八反錦(広島県産) 65% -3 1.6 15度

石川県加賀市山中温泉富士見町オ50 <松浦酒造㈱>

(720ミリリットル詰)1,512円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[竹 葉] 夏ちくは(生原酒) 

酒

6月中旬発売予定

 味わいが決め手の日本酒ですが、なんといってもこの美しい外観に惹かれます。
今年も例年通り担当セールスの府中さんがありえない事を口にします。

「毎晩毎晩この瓶を手作業でカットしんなんし疲れる」

その言葉にもはや「ご苦労様」と、返すしかない私です。

さて、さて、中身のお酒の方はと申しますと、普通酒の生原酒です。飲み飽きしない旨口に仕上がっています。思い切りキンキンに冷してクワーっとお楽しみ下さい。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
五百万石・加工米 65% +2 1.7 18.5度

石川県鳳珠郡能登町宇出津ヘ36 <数馬酒造㈱>

(720ミリリットル詰のみ)1,404円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

6月15日より出荷

酒

[神 泉] 吟醸無濾過生原酒

 小松産の酒造好適米[五百万石]で醸されています。
15日発売の為、まだ飲めていませんので味わいのコメントが出来ません。スミマセン。
(神泉さんやから、きっと旨いはずや)・・・そんな憶測だけで載せています。
夏だけの限定酒に《ビビビ》ときた方に買っていただきたいと思います。
(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
五百万石(小松産) 68% +5 18度

石川県小松市野田町丁35 <東酒造㈱>

(720ミリリットル詰のみ)1,620円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[常きげん] 『涼 純』 純米吟醸原酒 生貯造酒

6月2日より出荷予定

 夏の酒に多い【生貯造酒】です。
【生貯造酒】とは、しぼりたてを(火入れせずに)そのまま低温で貯蔵して、出荷の時に一度だけ火入れされた日本酒のことです。

スッキリとした飲み口で喉ごし爽やか!
暑~い日にキーンと冷してどうぞ(^^)/

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
山田錦、五百万石 55% +3.0 17度

石川県加賀市八日市町イ6 <鹿野酒造㈱>

(720ミリリットル詰)1,500円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,000円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[夢 醸] 無濾過生原酒 限定 中汲み純米酒

酒

11月の初旬に無濾過まま瓶詰めされ、ずっと低温貯蔵されていた【中汲み】純米酒です。春を越え、味わいに落ち着きが出てきたこの時季に限定で発売になりました。

もろみをしぼる時の最初の部分のお酒を【あらばしり】と言います。その【あらばしり】に続いて流れ出てくるのが【中汲み】と言われる部分です。酒にごりがなく透明度が高く、味、香りのバランスがとれた酒です。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
五百万石(石川県産) 60% 18度

石川県能美市宮竹町イ74 <㈱宮本酒造店>

(720ミリリットル詰)1,512円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,024円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[奥能登の白菊] 夏越酒 純米にごり

酒

6月10日より発売

 「夏越」酒の「なごし」は、6月30日の夏越の大祓い(一年のちょうど半分にあたるこの日に、半年の穢れ(けがれ)やこれから迎える夏の時期の疫病、後半年の災厄を祓う(はらう))より、命名されています。

実は、神社の嫁である私、何のお手伝いもしないぐうたらですが、夏越の大祓いは毎年行っております。私が行っているわけではないので、参加しているという言い方ですかね。色んな決まりごとには、しっかりと意味がある。
大祓いの日には、このお酒をいただきたいと思います。

※こちらは火入れ商品ですが、保管は冷蔵庫でお願いします

輪島市鳳至町上町24 <㈱白藤酒造店>

(720ミリリットル詰)1,620円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,240円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

ページの先頭へ戻る