旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・心の折れた男】

まだ日の出前のとち暗がり(真っ暗闇)の中、一人、また一人と柿市本社前に人が集まって来る。そう、今日は待ちに待ったバス旅行の日♪ 集合時間は午前5時10分。なんともらしい時間だ。ほとんどがいつももっともっと早い時間から働き始めている訳で、こんな時間くらい屁のカッパという朝に強い会社だ。

社「おーい、みんなあつまったかい、バスに乗れや」

心なしか社長の声がはしゃいで聞こえる。当社の社長、外見からは想像付かないがサプライズが大好きなロマンチスト。そしてそのためにかなりの金と時間を費やしている。こつこつ、地味地味と・・・。いつかこの社長の地道な努力が全社員に伝わればいいなと願わずにはいられない。

「ベン吉、来とらんぞ」

社「おい、誰かベンに電話しいや」

そんな声が飛び交う中、点呼が始まった。

社「いち、にい、さん、しい、、、、、おかしいな、、、」

社「もっかい、いち、にい、さん、しい、、、あれっ?あれっ?」

点呼は、社長と添乗員の2人で何度も何度も繰り返されたが、どうしても申告と人数が合わず、最終的には(ベン吉以外は全員揃っているみたいよ〜)そんなアバウトな感じで出発することになった。ベン吉はどうなったかって?姿も見せず、結局電話にも出ずでバッサリと捨て置かれましたよ。

社「出発、出発! ベン吉、罰金三万や!」

午前5時30分、定刻。吠える社長に車内が爆笑する何とも楽しいスタートになった。
(寝坊1名、病欠2名、特別参加のワンちゃん1匹で総勢30人+1匹。)

バスの後方にはサロン席がある。サロン席とは不思議なものでなぜだか悪い面々がたむろする。案の定、古参ジジイ軍団が陣取った。その席から当社の暴れん坊将軍が先頭へとお出ましになり、キョロキョロしだした。(何をお探しなのか?)と尋ねてみるとアルコールをご所望された。アルコール担当はこの私である。

私「朝の5時から焼酎飲むんかいや、おめーら(怒)」

ガミる私を社長が制止した。

社「いいがいや、こんな時でもなけな朝っぱらから飲めんわいや、飲め、飲め、ビールでも焼酎でも、缶チューもあるぞ、わしもビール飲もっ」

朝駆け柿市軍団、7時を過ぎた頃にはもうカラオケ大会に突入である。
当社ではどんな宴会であろうとも歌のスタートは(ベン吉)からと決まっている。曲のサビ部分を歌っても誰の何と言う曲なのかまったくわからなくする特殊能力を持つ彼は、今日寝坊でドタキャン、、、、。
ここ数年[新人]や[歌うま]にすっかりマイクを独占されていた古参社員達がこぞって歌い始めた。おっさん軍団、懐メロをしっとりと歌い上げている。そんな中で次にマイクを取ったのはU社員。歌唱力にはかなり自信があるらしい。

ただ、このカラオケの採点システムが杓子定規なまるでうちの姉のような性格だった。
教科書通り真面目なのはタイプで、自己満足のアレンジなどしようものなら
(ざけんな!お前ムリ〜)と判断を下す。
U社員渾身の一曲目の判定は・・・

7点

「なっ、なっ、ななてん、なんじゃいや」

己に酔いしれた彼に痛い採点が下った。頭にきたU社員、焼酎をあおってあおって2度目にチャレンジしてきた。

6点

「は〜ぁ? ろくてん、なんでいや(怒)」

自分の世界観で歌いあげた結果は1回目よりも更にマイナス1点の6点。
念のために申し上げると採点は100点満点である。焼酎をあおってあおってあおりまくるU社員。そしてもう一度自分を奮い立たせて歌い切った採点は、、、

6点

「あ・・・・・・・・・・・・」

 

ギャハ〜〜

馬鹿笑いの中、その心はポッキリと折れた。

バスから自力で降りることも出来ず、真っ直ぐ歩くことも出来ず・・・。比叡山延暦寺の中をこけにこけまくって古傷のヒザを強打したあわれな男は、両脇を支える手に引っ張られて前のボタン全開の上半身ほぼまっぱ状態。
坊さんのありがたいお話の間は、なご〜なって(長くなって)寝てましたけどね。
温泉付きの懐石昼食も突っ伏したままで終了・・・。アーメン++++

スッ転がってたのはあんただけじゃないから、大丈夫やよ〜(笑)
T社員のも飲みすぎて腰から砕け落ちてましたからね〜。

この後、三井アウトレットパークに立ち寄り駆け足での買い物を終え、無事に柿市バス旅行はENDしたのでございます。

どうでも良い話、優柔不断が服着たような当社の社長の『有言実行』が続くことが不気味でならないのは私だけ?


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

[常きげん]山田錦氷温熟成純米

数量限定品(予約分だけの)

今月のトップを飾っていただくお酒は、[常きげん]さんが自社で栽培された酒造好適米『山田錦』100%の純米酒です。
「純米酒」と言ってもただの「純米酒」ではありませんよっ。しぼりたてを火入れせずに生のまんま一年間氷温でじっくりと熟成させたものです。
酒担当セールスさんが「試飲にどうぞ」と可愛い瓶詰めを下さったので、ちょうど居合わせた常連客様と姉と私の3人で試飲してみました。

一年の熟成物なのでひねているのかと思いきや味わいはやわらかで爽やかな酸味あり、ほのかな甘みと旨みもあって重くなく、むしろ軽快な印象を受けました。面白いですね。

ちびたい冷凍庫で一年もねんねしていた純米酒ですよ~、いかがですか?

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
山田錦 60% +3 16度

石川県加賀市八日市町イ6 <鹿野酒造株式会社>

(720ミリリットル詰)1,458円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,916円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[天狗舞]山廃にごり

酒

季節限定商品

平成28年10月24日より出荷開始
今年の新酒、一番スタートです。

ほのかな甘みとシルキーな口当たりの普通酒のにごり酒です。山廃仕込みで醸されたお酒は、腰が強くてしっかりしています。水色の透明瓶を良く見ると、ちょうどラベルの上のラインまでたっぷりとにごりがあります。
よく冷して飲んでくださいね。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
国産米 65% -15 1.2 14度

石川県白山市坊丸町60-1 <株式会社車多酒造>

(720ミリリットル詰のみ)972円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[天狗舞]海の幸にあう純米

季節・本数限定品

平成28年11月6日発売
天狗舞さんの新商品です。

入荷前の為、説明をそのままいただきますと・・・

酒

日本海の荒波がはぐくんだ旬の味覚。
海の幸のおいしさを際立てる純米酒です。
お酒の色は熟成による輝きのある山吹色が特徴です。

これまでの「蟹にあう純米」「寒ブリにあう純米生酒」らは終売になりました。
「蟹にあう・・」は、蟹以外合わないのか?「寒ブリにあう・・・」は、寒ブリ以外合わないのか?そんなダラなことを問い合わせてくる方がいるとかいないとかいるとか・・・(笑)

「そんなこと自分で判断しろや」と私なら言っちゃいますけどねっ<(`^´)>

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
五百万石 60% +2(予定) 2.0(予定) 16度

石川県白山市坊丸町60-1 <株式会社車多酒造>

(720ミリリットル詰のみ)1,620円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[萬歳楽]純米初しぼり生酒 石川門

季節限定商品

平成28年11月11日(金)発売
昨年までは720ML詰めオンリーでしたが、待望の1.8L詰め登場です。

フレッシュな新酒の香りとすっきりとし軽快な飲み口です。
石川ブランド酒造好適米『石川門』100%と、白山の伏流水で丁寧に醸されています。
発売前なのでまだ今年のものは飲めていませんが、去年までの味わいで言うと個人的に
『好き』です。今年もきっと旨いはずです。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
石川門 70% +8 1.8 1.0 16度

石川県白山市鶴来本町1-ワ 47 <株式会社小堀酒造店>

(720ミリリットル詰)1,388円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,964円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[加賀鳶]極寒純米辛口 無濾過・生

季節限定商品(H29・4月末まで)

平成28年11月14日(月)蔵出開始!

一切の火入れ、濾過処理をせずに生詰めした『しぼりたて無濾過生原酒』です。
一切濾過をしていない米の旨みが存分に生きた濃厚な味わいは、造りの個性がストレートに反映される杜氏入魂の純米酒です!
酒度が(+7)の酸度が(2.3)とくれば、間違いなく辛口ですね。

新酒らしい軽やかな香りとキレのよい味わいは、鍋料理に絶妙にマッチしますよ。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
酒造好適米100% 65% +7 2.3 18度

石川県金沢市石引2-8-3 <株式会社福光屋>

(720ミリリットル詰)1,328円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,646円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[竹 葉]しぼりたて生原酒

季節限定品

平成28年11月15日(火)頃より

酒造りの始まりを告げる竹葉さんの新酒第一号は、普通酒の生原酒です。
きれいな水を感じる透明感、芳醇でキレのある酒質に新酒ならではのフレッシュさが加わった仕上がりとのことです。

キンキンになるまで冷して熱いお鍋料理と。脂ののった濃厚な味覚と一緒にどうぞ。

この価格の安さも嬉しいですね。絶対に買います(笑)

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
五百万石(能登産)、加工米 67% 未定 18度前後

石川県鳳珠郡能登町宇出津ヘ36 <数馬酒造株式会社>

(720ミリリットル詰)1,188円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,376円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[菊 姫]にごり酒

醗酵が完了する直前の甘みの強いモロミを練り引いて、荒濾したお酒です。
酒

冷たいままももちろんいいのですが、寒い冬にはぜひとも燗して飲んでみて下さい。
ピチピチと活性しているものとは違って、柔かでおとなしく穏やかなにごり酒です。
甘みの強いモロミを練り引いているので当然甘口です。

これがいいんですよ~、目からウロコです、ホントに!!

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 アルコール度
山田錦(兵庫県三木市吉川町・特A地区産) 70% 14度以上15度未満

石川県白山市鶴来新町タ・8 <菊姫合資会社>

(720ミリリットル詰)1,080円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,160円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

[天狗舞]しぼりたて

平成28年11月中旬より

山廃仕込みで醸されたしぼりたての本醸造 生酒です。
生の風味を生かすために一切の加熱処理をされていません。しぼりたての新酒は今だけですが、当店では1.8Lに関しては年間通して在庫しています。
なぜかと申しますと、[しつこくない][甘辛がちょうど程よい][安い]の三拍子を持ちあわせているからです。いつ飲んでも納得できる一本です。

(要冷蔵)

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
五百万石 65% +5 1.9 17度

石川県白山市坊丸町60-1 <株式会社車多酒造>

(720ミリリットル詰)972円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,160円(8%税込み価格)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

ページの先頭へ戻る