旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・迷惑な大人】

夕方・・・いつもの散歩の時間に泣く男がいる。
毎晩酔って[骨壷]を抱きしめて泣く女がいる。

ダンナと私。

11年間一緒に過ごした【ゴン】(ラブラドール犬)が空へと旅立っていってしまった。

(子ども達が二十歳になったらお祝いしようね)そう言って楽しみにしていた宴会もやる気になれない。子どもらが小学1年生(6歳)の時のクラスメート3家族は、はや14年の付き合いにもなるハードな飲み仲間だ。
(おちついたら、また飲もうね。)そんな優しいメールが届く。
けど、いつまでたっても癒えることはなくて寂しさばかりが積み重なってくる。半端ない喪失感と人恋しさで我慢しきれなくなったダンナが、『1-1の会(1年1組の会)』に[河豚(ふぐ)宴会]の誘いメールをLINEで送った。

そもそも二十歳のお祝いったって3家族の全員が集まるなんて皆無に近い。だって子ども達はいつも時間に追われて忙しく、子どもらを祝う親の宴会になるのがいつものパターンだ。・・・のはずが、次々に時間差で集まり出すと驚くことに13人全員が揃った。(これも【ゴン】が引き寄せてくれた?)なんて思うと、また涙がこみ上げて来る。
珍しくしんみりした話になってしまったが、飲めばいつも通りのヤバイ性格が顔を出すのがこの私である。

ふっ、ご心配なく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
そう、楽しい飲み会は、自宅の[河豚(ふぐ)宴会]でお開きになるべきだった。絶対そうすべきだった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

なのに気付けばいきなり近所の焼肉屋で肉を喰らっていた。いつも飲めば記憶がぶっ飛ぶワープ(瞬間移動)だ。人恋しさからはしご酒に誘い込んだのは自分に違いない。たらふく河豚(ふぐ)を食った腹に何故まだ酒と肉を詰め込むか。スイッチはいつだってONしかない。

こんなおバカな親を持つと、子の方はしっかりせざるを得なくなる。中学生の娘の方が帰りの遅い親の事をお迎えにやって来た。「こんな遅くまでおったらおばちゃんに迷惑やろ(怒)」手を引かれて帰った後は、

「ゴ~ン、何で死んでしも~たんや~、もっともっと何でも出来たんにいぃい。かえってきてちょうだいよぉ~お」

いつもの泣きが入り、【ゴン】のためにと買った介護用ベッドの上で丸まったまま撃沈した私である。まったくどっちが親なんだか・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「6時30分?うそやろーーー、本当は何時ねんて~~~?」

あってはならない時間を目にすると、人はなんとかしてなかったことにしてしまおうとする気持ちが働く。けど、現実はいつも残酷である。時計を鷲づかみして絶叫したのは、自分のベッドだった。もはや錯乱状態だ。

「起きて~~~、起きて、起きて、起きて、6時30分や~~~」

今日は娘のバドミントン一年生大会、そう、中学生初めての試合の日。(何でそんな日の前日に記憶がぶっ飛ぶほど飲むかって?ん~、それはたぶんバカだから。)
友達のお母さんがお迎えに来る時間は・・・・6時30分。階段を駆け下りた途端、玄関のチャイムが残酷にも鳴り響いた。

ピ ン ポ ~ ン

終わった(/_;)

「ねえ、うっ、ウチのお弁当は・・・・」【食うこと命】の娘が泣き出した。

旦那の財布から1000円をすばやく抜き取り娘に握らせた。水筒にお茶を詰め、ユニフォーム着替えた娘は疾風のように玄関に飛び出して行った。ご・め・ん・な・しゃ・い・・・・・・・

娘よ。申し訳ない気持ちでいっぱいながらも激しい二日酔いの為、その後も延々と寝続けたわたくしをどうかお許しください。夕方、お嬢様の好物の【モンブラン】と【鶏 鍋】をご用意させていただき、三つ指を着いてその怒りを全身で受け止めようと待っていた。

娘のお怒りは[寝 坊]でも[弁 当]でもなく、私がしでかした人様へ対しての迷惑ごとだった。
あんた大人になったんやね。かーちゃんの事、これからも頼んぞ!!!


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

【神泉】懐石酒『回(かい)』

こちら平成7年(1995)醸造の本醸造です。ん~、18歳ですか。お若いのに古い、、、古いと言う言い方は誤解を招きます。18歳の熟女、、、これも怪しすぎか(笑)長期に亘り酒蔵でゆっくりとまろやかに熟成された日本酒が『回(かい)』です。

酒【古酒】のタイプは、2つに分かれます。一つは【古 酒】と言ってもなんら普通の日本酒と変わらないタイプのもの。もう一つは「これが日本酒か?」と感じるタイプのもの。

『回(かい)』は、後者のタイプかと思います。色は黄金色、香りは紹興酒?梅酒?杏酒?のような感じです。
ですからぜひ頭を切り替えて召し上がってみてください。たくさんの量を飲むと言うよりも、一杯を楽しむ感じが良いかと存じます。
飲み方はキリッと冷すのも有りですが、ぬる~く燗するのも良しです。さっぱりとした甘さと酸っぱさが疲れを癒してくれますよ。色んな温度でお好みを見つけて下さると、倍楽しめます。

『回(かい)』を飲んでこの一年を回想・・・なんちゃって~(おやじギャグか)

原料米 精米歩合 アルコール度
五百万石 65% 15度

石川県小松市野田町丁35  <東酒造株式会社>

(500ミリリットル詰)2,100円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【天狗舞】しぼりたて 本醸造生酒

今年も『しぼりたて』の時季がやって参りました。しぼりたてのフレッシュな香味を活かすために一切の加熱処理はされておりません。「今年の味が楽しみですね♪」
・・・これ以上は申しません。安くて楽しめる旬の酒!必須です。<要冷蔵>

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
五百万石 等の酒造好適米100%使用 60% +5 1.9 17度台

石川県白山市坊丸町60-1 <株式会社車多酒造>

(720ミリリットル詰)916円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,025円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【手取川】しぼりたて 無濾過生原酒

この時季の常連さんですね。
今年の造りは、麹米に「石川門」(石川県のオリジナル酒米です)と、掛米には石川県産「五百万石」とのコラボで仕込まれています。
滑らかさ・みずみずしさ・すっきり感・程よい酸味・優しい甘み・・・その全部を持った欲張りな味わいです。
味があまり濃すぎないお料理とご一緒にどうぞ。
そんなことを書いているわたくしの場合は、濃い料理でも薄味の料理でも「手取川、最高♪」って言っちゃいますけどね(笑)<要冷蔵>

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
麹米/石川門(石川県)掛米/五百万石(石川県) 65% ±0 1.6 1.7 18.5度

石川県白山市安吉町41 <株式会社吉田酒造店

(720ミリリットル詰)1,150円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,300円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【手取川】干支ボトル『午(うま)』純米大吟醸 本流

来年の干支は『午(うま)』。実はこのお酒、毎年次の年の干支のボトルで発売されます。
ですが、ご覧の通り(超 心惹かれるフォルム)の為、店頭に並べるとすぐに完売していしまいます。
酒特に宣伝もしていませんが、ご自分の干支とドンピシャだったり、贈りたい相手の干支だったり、一度贈った方が楽しみにしているから、などなどで即完売してしまいす。中身も[純米大吟醸 本流]ですからね・・・。

今回は、(年末ギリギリまで店頭に並べずにいようかな)なんて考えています。ご予約以外の本数は、ほんの僅かです。お目に留まれば幸いです。

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 アルコール度
山田錦 45% ±0 1.2 1.1 15.8度

石川県白山市安吉町41 <株式会社吉田酒造店>

(350ミリリットル詰)1,500円(税込)《完売いたしました》
酒

【谷泉】大吟醸 秘蔵生原酒

全国新酒鑑評会 金賞

袋しぼりのしずく酒です。それだけで心を鷲づかみされる方もいらっしゃるのでは?
普段なら絶対に自分に買ってあげられない価格ですよね。分かります。でも、この一年頑張ったんでしょ!
それでも決心出来ないあなた!年末や年始、大切な人と一緒にいかがですか?
間違いなく旨いです(^0_0^)
※(こちらは新酒ではありません。H25・1月製造の冷蔵保存品です。)
<要冷蔵>

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
兵庫県産 山田錦 35% +4 16~17度

石川県鳳珠郡能登町鵜川19-64 <株式会社鶴野酒造店>

(720ミリリットル詰)7,500円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

ページの先頭へ戻る