未成年者の飲酒は法律で禁止されています

〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

平成二十四酒造年度 金沢国税局酒類鑑評会

【酒蔵加越】優等賞受賞 大吟醸原酒

北陸三県の59蔵より出品された201点の大吟醸から選ばれた1本です。
栄えある鑑評会で優等賞ご受賞の案内を受けて、さっそくそのお酒を注文すると一枚のFAXが手元に送られてきました。
そのFAXがこちら→ 酒
「どうかお許し下さい」って(笑)
あの〜ぉ、すみません、何をお許しすれば良いのやら見当が付きませんが(~_~;)
とにかくユニークな加越の奥田さんが、自らこう呼ぶ『奥便(奥田便)』にて持参されました。

「ごめんください。わたくし小松市は今江町にございます加越酒造の奥田と申します。」

奥田さん、この決まり文句って「おひかえなすって」みたいもんですか?返す言葉も無く、毎度毎度ただ笑うしかない柿市でございます。1本1本のラベルに丁寧に手書きされたナンバリング、その1本を手に取った奥田さんがこう言われました。

酒

「八十三番から八十八番をお持ちいたしました。なぜかと申しますと八十八番は末広がりで縁起がいいので柿市さんにと思いお持ちいたしました。」

いつもほんの僅かのお酒しか注文していない柿市に掛けて下さる言葉がこれですよ(ToT)
酒蔵加越さんとは、そういう蔵元さんなんです。

お味のことがすっかり後になってしまいました。すみません。
口元に近づけたグラスから立ち上がる香りは、爽やかなフルーツそのもの。口に含むと、しっかり濃いのにまろやか、そして限りなく爽やか。なんとも心地よくスル〜っと消えゆくようです。とてもとても良い酒です。
〈要冷蔵〉
※(このお酒は無濾過・生原酒のためにお米の繊維成分等が残っている場合がございますが、品質には何の影響もございません。)

原料米 精米
歩合
日本
酒度
アルコール度 酸度 アミノ
酸度
兵庫県産
「山田錦」
38% +4.0 17度 1.2 0.8

石川県小松市今江町9-605 <株式会社加越酒造>

《完売いたしました》
酒

【手取川】純米大吟醸 吉田蔵 無濾過生原酒

限定流通品

限定流通販売(石川県内で20社の酒販店のみ販売権がある商品)で、しかも数量限定です。
限定本数は、720MLで360本、1,800MLで150本です。
(無濾過の生原酒ともなればかなり濃くて飲みにくいのでは)と、お思いですか?大丈夫です。
(どうしてこんなに味わいが深く、それでいてしつこくない味が造り出せるのか)と思う、美しい味わいです。やっぱり山本杜氏の醸す酒は、安心してお客様にお勧めできます。
「杜氏さん、いつも旨い酒を造って下さってありがとうございます(#^.^#)」
<要冷蔵>

原料米 精米歩合 日本酒度
麹米/兵庫県産「山田錦」
掛米/石川県産「五百万石」
麹米・掛米共に 45% -1
アルコール度 酸度 アミノ酸度
17度 1.4 1.3

石川県白山市安吉町41 <株式会社吉田酒造店>

(720ミリリットル詰)1,800円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
《※1.8Lは完売いたしました。》
酒

【天狗舞】純米大吟醸50 生酒

1月15日に出荷開始になったこの方をご紹介してありませんでした。もしかしたら初めてのご紹介かな?と、思います。このなんとも言えないブルー系のラベル、好きです。
吟醸香は、よくリンゴでたとえることが多いのですが、もう少しおとなしめの感じで控えめです。
甘口ではないけど一口含むと甘みと、後口にかすかに渋みも感じます。生酒特有のいい感じのコクがあってとてもしっかりした味わいなので、濃い目のお料理に合うかなと思います。
<要冷蔵>

原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アルコール度
特A地区「山田錦」他 50% +2 1.5 16度

石川県白山市坊丸町60-1 <株式会社車多酒造>

(720ミリリットル詰)1,650円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,300円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【宗玄】剣山【のトロ】カップ

恋路駅から宗玄トンネルまでのわずか400mの小さな鉄道。
それが[奥能登トロッコ鉄道(愛称:のトロ)]です。トンネルからでてきた愛らしいキャラクター【のトロ】がラベルにいます。「キモかわ」でなくって、本当にかわいくて良かったです。
酒表だけでなく、裏側にも【のトロ】が隠れていましたよ。これ「いいね〜ぇ〜」
中身のお酒は、やや甘口の晩酌定番酒・・・。ホッとするやさしい味わいです。この子をポッケに入れてどこにでも連れてってあげてください。


原料米 精米歩合 アルコール度
石川県産「五百万石」「のと光」「もち米」 65% 15度から16度

石川県珠洲市宝立町宗玄24-22 <宗玄酒造株式会社>

(180ミリリットル詰)300円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

【酒の失敗談・なんも覚えとらんにもほどあるわ】

手取川醸造元・吉田酒造店さんの山本杜氏と営業の柳谷さん、そして姉と私、そんな不思議な4人での飲み会が実現したのは、台風並みの風が吹き荒れるひどい日だった。

・・・大好きな山本杜氏に誘われて、遠足前日の小学生のように浮かれていた私。なのにこの飲み会の・・・

ほとんどの記憶がな〜〜〜い!

目覚めれば朝。杜氏さんと飲んでいたはずの自分が、ワープ?どういうわけかいきなり自分のベッドの中にいた。飲み過ぎた感ありありの私は頭を抱えて考え込んだ。(ん〜、何も思い出せな〜い。もしや何か失礼をやらかしちゃったりはしないよね)一抹の不安がよぎる。(こりゃ一緒にいた姉に聞くしかない)と、何がなんだかよく分からないまま出社した私の元に、怪しいヨチヨチ歩きで姉が近づいてきた。こっちからそこんところをを突っ込まれる前に姉が切り出した。

「昨日の記憶がまったく無いげんけど、私はちゃんと金を払っとったか?」と。だから私はこう言ってやった。

「あんたが金を払ったかは知らんけど、私は金を払ったか?」と。姉が続けて言う。

「私は一体どうやって帰ったんや?」と。だからこう答えた。

「あんたがどうやって帰ったかは知らんけど、私はどうやって帰ったんや?」と。

「あそこの店、1軒だけしか行っとらんよね?」

「さ〜ぁ、そんなことは知らん。」

どうやらおバカとおバカの姉、2人同レベルの酔っ払いっ振りだったらしい。

「あ〜〜、終わったわ。何も記憶ない。おまけに帰ってきてからどうも風呂に入ったらしいげんけど、すっ転んでひっどいがに尻打って痛て痛て(痛くて、痛くて)寝返り打つことも、しゃがむことも、座ることも出来ん。ほんでも私はちゃ〜んとパジャマに着替えて寝とってんぞ」

あの〜ぉ、パジャマに着替えていたことがご自慢ですか?幼稚園児ならまだしも、おばちゃんが寝巻きに着替えて寝とったからって誰が褒めてくれる?小さな自慢話で自分のまともさをアピールしたつもりの姉に母が横からキツイ一撃を食らわせた。

「何がパジャマやいね。朝、ぜんぜん起きてこんから起しに行ったらパンツも下着も服もネックレスもぜ〜んぶ脱ぎ散らかしてひっどいことになっとってんぞ。酔っ払って風呂なんか入って、危ない、馬鹿や。親の顔が見てみたいわ」(←どうぞ鏡をごらんください)
(この時「パンツも下着も一緒だろ」と軽く突っ込んでみたら、更にキレたウチの母。別名【噛み付き亀】である。)

アホんね〜け(←馬鹿じゃないの)、すっぽんぽんでひっくり返ったんけ?想像を絶する姿や。怖っ。超笑えるんですけど。ねえ、あんたのその歩き方、スターウォーズに出てくるあの金色のロボット(C3PO)みたいやし。ギャッハッハッーーー」

姉の姿を笑うだけ笑った私だが、自分のことも一応暴露しておこう。ふ〜ぅ(-。-)y-゜゜゜
朝、娘の口から聞かされたのはこうだ。
あまりにも長い時間トイレから出てこないので心配して、なんとか鍵をこじ開けるとそこには下半身すっぽんぽんのまま便座に座って爆睡する私がいたそうな。「ち○ち○丸出しで寝とったし(怒)」と、人の事をまるで変態呼ばわりする家族に一言!「あのね、パンツ穿いたままトイレしとる方がやばいやろ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、昼過ぎ。
姉が血相を変え、猛高速モードのヨチヨチ歩きでこの酒屋に飛び込んできた。
「ブログに載せる料理の写真を最後まで撮ったかどうかカメラチェックしたら、ドン引きるような写真が次々と出てきてんけど、あんた、これって覚えとるんか?」

うっ、ウソだろ〜〜〜〜〜

恐る恐る見たカメラの中には、杜氏さんの隣で完全に脳が崩壊した顔しておちゃらける自分がいた。
これまで築き上げてきた何かがガラガラと崩れ去っていく音が聞こえた。あれだけ謙虚であろうと誓って出向いたはずだ。「この1回だけでなくて、来年もまた一緒に飲まんかいね」と誘ってくださった杜氏さんとの約束は、キレイさっぱり消え去ったであろうと嘆く柿市おバカシスターズである。なんも覚えとらんにもほどあるわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【追 記】
風呂場でかやって(←ひっくり返って)から三週間以上経った今現在。姉はいまだに【尻痛】に悩まされ、あやしい動きで過ごしている。それにしてもこの人、何回あのたるんだ尻を強打すれば気が済むのだろうか?

酔っ払って階段の上から下まで尻で降りてきた時は、三ヶ月以上痛がったんやよね。(それきっと尾てい骨こっ接しとったね♪)
親戚との宴会中には、イスの無いところにイスがあると勘違いして、ケツからすごい勢いで落ちてすっ転がっとったしね。(1人でひっくり返っとったんに誰も気にしてくれんかったね。)
そして今回や。
ねーちゃん、妹はあんたの尻になんか悪〜い霊が憑いとるがんないかなぁ〜と思とるがや。

「悪霊退散!はっ」

加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365 E-mailto:info@kakiichi.co.jp