未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・「開けんといてください!!!」】

先月【酒の失敗談】に載せた[カモメ]こと友人N子のイスごと真後ろぶっ飛び事件は、友人の間で軽く話題になった。ただし仲間内では誰一人声を上げて笑った者がいない。何度もN子がイスと共にぶっ飛ぶ姿を目の当たりにしているので、それ自体はどーってことない事なのだ。ただ、店の入り口の扉を頭で突き破らずに戸外に飛び出したことだけがもっぱらの話題になった。正真正銘N子のスーパーイリュージョンだったのだろう。

金沢の超レアな場所『新天地』ここに立ち並ぶ店はどの店もとてもコンパクトだ。以前、東京のお得意様と会食することになったとき真っ先にお連れしたかったのだが、私の中でこの小さな店々に[エアコン]や[トイレ]が存在するなど考えも及ばなかった。激暑の時季にエアコン無しで大切なお得意様に大汗をかかすわけにもいかない。[エアコン]も、そして[トイレ]だって有るってことに気付かされたのはそれから何回この店を訪れた時だったろうか?
「この店にトイレなんかあったんや。こんな小さい店にぃ」なんとも失礼なこの発言にマスターが吠えた。
「有るわ(怒)こんな小さい店って、お前〜ぇ(怒・怒)」
公衆トイレは私が最も苦手とする場所だ。店にトイレがあればジャンジャン飲める。

[カモメ]と[姉]と三人で飲んだあの日、実はこの店のトイレで小さな事件が起こった。カウンター席マックス8席に全て客が着いている。カウンター席しかないのだから誰かがトイレに入れば一目瞭然だ。
トイレに入ったのはこの私。当たり前に鍵を掛けようとしたが、急を要していたのと酔っ払いのダブル効果で鍵がどうにも掛けられない。
(え〜んなっ、邪魔くさっ。入ったん見とるげんし誰も開けるわけないやろ)これが間違いの元だった。酔った私はいつも無謀だ。本来は用心深いんですけどね。ちょうどその時はその狭間の状態だったのだろう。念のためにと戸に手を掛けておいた。しゃがんだ途端、ガタッと戸が外側に引っ張られた。飛び上がってわめいた。
「入ってます! 入ってます! 使用中です。 誰ですか? やめて下さい。 変態ですか?」
こんだけわめきゃぁ、退散したやろ。戸を手で引っ張りながら再びしゃがんだ。その途端、またしてもガタッと戸が引っ張られる。
「誰ですか? いい加減にしてください。 入ってますって(怒) 変態かっ! 開けんといてください!!!」
どうやらこうやら押さえまくって用を足すと戸をバ〜ンと開け放ち仁王立ちした。(どいつや、変態やろうめ)

開けはなたれた戸の前には一人っ子1人いなかった。(ウチの母は、人っ子1人いないをこう言いまつがえます)
しゃがめば自らの手が戸を押すってことさ。ふっ、でっけ〜バカですけど、何か?

とんだ私の1人芝居に気付いた者は誰一人いない。週明けにこの話を聞かせた母だけが涙を流して笑った。


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

【加賀ノ月】月光 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒

 奥田さん→「こんにちは、加越の奥田と申します」
 私   →「知ってます」何度お越しになってもこのご挨拶です(笑)
 この礼儀正しい奥田さんが自ら配達して下さったお酒は、略して『ゲッコウ ムロカ』
 商品案内の紙に書かれた言葉にグッと心が惹きつけられます。
これです↓

小さな袋一枚一枚に杜氏が大切に育てたモロミを丁寧に注いで、
順番に積まれた袋から
ポタリポタリと落ちる「しずく」の集まりを
そのまま瓶に詰めた酒が「袋しぼり生原酒」
機械に頼ることなく、
約5日間袋を積み替えしながら、
人力でネジリネジリとしぼっていきます。

何も足さず
何も引かず
濾過もせず

何もしていないようですが、「精一杯」がぎっしり詰まったお酒です。

これを読みながら、そしてその光景を頭に浮かべながら、『精一杯』を飲んでみて下さい。人力の袋しぼりがこの値段とは、ん〜、他では有り得ないかと思います。
メロンを思わせる香りと新酒・生の初々しさとかすかな酸がのどを滑らかに流れていきます。〈要冷蔵〉

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
小松市産・五百万石 50% +3 約17度

石川県小松市今江町9-605 <株式会社加越>

(720ミリリットル詰)1,575円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)3,150円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

※カートン無しの価格です

酒

【加越】『加賀霞(かがかすみ)』 うすにごり 活性生酒

六人の蔵人達が手塩にかけて育てた、出来たての[新酒]です。
にごりが沈殿した状態でそっと開けてみました。大丈夫! 吹き上がるほど強い活性ではありません。
もう一度栓をギュッと閉め直してにごりを回します。ここで初めてボコボコっと動き出しましたよ。
口に含むと、まだ生きたままの酵母の息吹が聞こえるはずです。「シュワァ〜プチプチ♪」と。〈要冷蔵〉

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
一般米 75% +2 約20度

石川県小松市今江町9-605 <株式会社加越>

(720ミリリットル詰)1,260円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【萬歳楽】純米 初しぼり『石川門』

グリーン瓶に若草色のラベルが爽やかです。この色のラベルは珍しいですね。
そしてその首には「新酒できました」の文字と青々とした[杉玉]の写真が掛けられています。こんな仕掛けで飲みたい気持ちをグイグ押し上げてきます。
石川県産の酒造好適米[石川門]だけで醸された「これぞ正に純米!」と言える米の濃くて深い香りがします。酒蔵におじゃましたことのない方にはナゾかもしれませんが、酒蔵の中に入ったときに香るあのなんとも言えない複雑な香りです。トロリ濃い味わいは、(純米好き)の方ならきっと頷くはず。
〈要冷蔵〉

原料米 精米歩合 日本酒度 アルコール度
石川門 70% +6 16度

石川県白山市鶴来町1-ワ-47 <株式会社小堀酒造店>

(720ミリリットル詰)1,350円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【獅子の里】超辛 純米酒

お待たせいたしました。
昨年度、あまりにも好評過ぎて秋には完売してしまったこの方が再びデビューです。
H24.B.Yの仕込みは11月5日よりスタートされ、年末にようやく入荷いたしましたよ。
いつのまにか原料米が石川オリジナル酒米『石川門』になったのですね。
ラベルを見ただけで「これ!」と反応するお客様多し。久し振りにわたくしもいただいてみる所存です。

原料米 精米歩合 アルコール度
石川門 65% 15度

石川県加賀市山中温泉富士見町オ50 <松浦酒造有限会社>

(720ミリリットル詰)1,300円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
(1.8リットル詰)2,600円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【奥能登の白菊】本醸造 しぼりたて生 そのまんま

滓引きも何もせず、しぼった生の原酒をまさに「そのまんま」で瓶詰めされています。なので滓が少し絡んでいます。この商品は、蔵元さんが受注した分の瓶詰め+αです。売り切れ御免!!!
「そのまんま」のめっちゃ濃くてフレッシュなところを早く飲みたいです。
(本日、12月26日入荷商品のため、まだ飲めてません。)〈要冷蔵〉

原料米 精米歩合 アルコール度
国産米 65% 19度

石川県輪島市鳳至町上町24 <株式会社白藤酒造店>

(720ミリリットル詰)1,150円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》
酒

【奥能登の白菊】本醸造 活性にごり酒

「今年も気合を入れて仕込んでおりますので…」の案内が届きました。
奥能登の白菊さん、気合の第1本目は例年通り『本醸造』です。
本日(12月26日)入荷して参りました。一目散に手に取ったのはこの方。当然です。
瓶の首のところを見てくださ〜い。今年もやる気満々で瓶の中が大変な感じになってます(ウキウキ)
活性はかなり強いかと思われますので、開ける時は十分にご注意あれ!!!この方、上手にガス抜きしないと必ず吹き上がるつもりで頑張ってますので戦ってください。
活性が強すぎて吹き上がるようなお酒は、お客様からの苦情も多く、蔵元さんでは控えてしまうところも多いのです。[活性強し]が大好きなわたくしから一言
「苦情を言うつもりの方はご購入禁止です。そこんとこヨロシク!」
〈要冷蔵〉
※必ず冷蔵庫で瓶を立てた状態で保管し、早めにお召し上がり下さい。日々変化しています。

原料米 精米歩合 アルコール度
国産米 65% 18度

石川県輪島市鳳至町上町24 <株式会社白藤酒造店>

(720ミリリットル詰)1,150円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365 E-mailto:info@kakiichi.co.jp