秋の限定酒 石川『ひやおろし』キャンペーン 今年は9月9日(木)に石川県内27社の酒蔵より一斉に発売です。この時季だけの限定品をお楽しみください。今月は『ひやおろし』と「手取川 秋 純米 辛口」をご紹介します。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています

【酒の失敗談・油断できません】

歳のせいか、飲み過ぎなのか、はたまた猛暑のせいか、飲んでる中に記憶のぶっ飛ぶ時間がどんどん前倒ししている気がする。つい数年前までは、飲み会とかで特別気分がハイになる日以外はそれなりに記憶が繋がっていたはず。なのにこの頃は、[家飲み]の日でも記憶がない。観たはずのテレビ番組も、会話した内容もほとんど覚えていない。親しい友人たちには、「夜8時以降の電話は遠慮してね」とダンナ共々お願いしている。いかにも酔っていない風におしゃべりするからまともだと勘違いしてしまうらしいけど、そんな訳はない。自信を持って言っときますが「絶対に酔ってます。」8時以降の電話は全く意味を成しませんので、そこんとこヨロシク!

そして、とうとうこの夏に至っては風呂に入ったのかどうかさえ覚えが無くなってしまっている。それで毎朝娘に「おいおい娘よ、母は昨日風呂に入っとったかいな?」と確認するのだが「あー、入った入った」と、いかにも邪魔くさそうに、そしてとても適当に答える娘である。親が親なら子も子ってやつか。

最近、ふと交わした酒の話から始まり、互いの失敗談ですっかり盛り上がるようになった人にこの話をした。「マッジけぇ?風呂入った記憶もないって、そりゃうちの母ちゃんよりすごいわ」と、目を丸くされた。[母ちゃん]と言うのはその方の[奥様]のことである。兵(つわもの)妻の武勇伝を数々聞かせてもらったが、仰天したのが『母ちゃんのポルターガイスト』話。

かなり飲んだ日の事。トイレットルームに何故か母ちゃんのおパンツが8の字の形を保ったまま脱ぎ捨てられていた。おパンツがあるってことは当然その上に履いていたズボンは脱ぎ去ってあるに違いないわけで、すぐに「でったーーーぁ、母ちゃんのポルターガイストやぁぁぁぁ」と悲鳴が轟いた。気持ちよさげに寝入る母ちゃんの下半身は…(仰天)
 ん〜ん、母ちゃん凄過ぎます。言っときますけど私にはそんな頑固なことはできませんから勝負にはなりません。ただろれつの回らぬ口で陽気にお喋りし、また、ある時は辛かった過去の出来事を思い出しては一人で陰気に語り泣きし、静かに記憶を失ってフェードアウトしていくだけですから。

そんな私の姿をひそかにコレクションしているのがダークな息子(高2)。激しく口論した日、息子から私の携帯に送りつけらてきたのは成仏できていない霊の写真…と、思いきや、よく見るとなんじゃ~い、私の寝顔かぁ~~い。
まったく、おちおち転寝もできませんわ(怒)

※地酒末頁 お・ま・け の話 お暇な方はどうぞ。


〈東京で石川県の地酒が飲める店〉【方舟】http://www.ceory.co.jp/

酒

【手取川】秋 純米 辛口

この春、酒米・山田錦を原料に醸された特別純米酒です。夏を越え絶妙の貯熟をみせる酒をそのまま召し上がっていただくため、「生詰め」で出荷されました。口に含むと柔らかな味わいが口中いっぱいに広がります。続いてバナナのような柔らかい香りが鼻を抜けます。喉ごしは爽やかです。「生詰め」ですので5℃以下で貯蔵してください。(要冷蔵)


原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度
山田錦 60% -2 1.3 1.5

石川県白山市安吉町41 <株式会社吉田酒造店>

(1.8リットル詰)2,625円(税込)《ご希望の方は、お問い合わせください。》

※720ML詰に関しましてはお問い合わせください。

【お・ま・け の話・この夏に目撃した、ちょっと《びっくり》をご紹介したいと思います。】

その(1)〈少年.1〉りくつな少年

娘を隣に乗せて運転中、今時めずらしい瓦を載せたようなきらびやかな霊柩車を見た。びっくりした娘が聞いてきた。「あの車なに?」「死んだ人が乗る車や。おかあの小さい頃は、あの車を見たら親があの世に連れて行かれるから親指を隠せと言われとってんぞ」娘を見ると必死で両方の親指を隠していた。(まだまだかわいらしいもんや。)ふと、歩道に目をやると小学校3,4年生くらいの少年がいきなりピタリと足を止めた。そして、その霊柩車に向かって野球帽を脱いで深々とお辞儀をしたのだ。なんともりくつな少年である。

その(2)〈少年.2〉らしくない姿

車を運転しながら道行く人たちを何気に観察する癖がある。その時(えっ?)と、違和感を感じたのが今からプールにでも行くのであろう小学生男子の姿である。Tシャツに短パン、野球帽にプールバック、、、ここまではごく普通だ。なのに片手にはオバハン仕様の日傘を差している。この夏の暑さは半端ではない。「熱中症になるから日傘を差して行きなさい」とでも言われたのだろうか、、、 にしても真っ黒に日焼けした小学生男子にそのピラピラフリルの日傘は似合いませんよぉ(トホホ)

その(3) いつが本番ですか?

ドラックストアで見かけたかなり年配のご婦人。頭中にびっしりとカーラーが巻きつけられている。すでに夕方だから寝ぼけたわけでもあるまい。これからご出勤の方にすれば歳が行き過ぎてる感がある。本来その姿は家の中だけで許されるものではなかろうか。そのままの姿で堂々とお買い物とは、、。
「すいません、そのカーラーって一体いつはずすんですか? いつが本番で付けちゃってる訳ですかぁ?」

その(4) 怖いもの見たさ

姉が言った。「最近、この酒屋にゴキブリがおる。一匹はしとめたけど、まだおるはずや。これ仕掛けとくし」(何で酒屋にゴキブリ?ゴキブリのヤツ、酒でも飲みに来るんかい?どうせ姉が食ってる菓子のカスでも狙っとれんろ。しょっちゅうここでむしゃむしゃやってるのはお見通しなんだよぉ)
前日に姉が仕掛けた[ゴキブリホイホイ]を何気に覗いてみた。怖いもの見たさ、ほうきの柄でそいつを立てて恐る恐る覗いてみた。「んぎゃゃゃゃゃゃゃぁ。1、2、3、4、、、、、」たった一晩で8匹も。あり得ん
姉よ、頼むから菓子は自分の部屋で食ってくれ! が、実は今、怖いもの見たさが癖になり[ゴキブリホイホイ]を確認するのが朝一番の楽しみになっている(あたしって変態ですか?)


加賀野菜等の買い物地酒ギフトミニ知識とレシピ会社概要トップページ

〒920-0904 石川県金沢市下近江町 45番地の1 TEL.076-221-1365 E-mailto:info@kakiichi.co.jp